5年ぶりの全面刷新、「ソリオ」の全貌が見えた

コンパクトハイトワゴンの先駆者が見せた進化

ソリオの発表を行うスズキの鈴木俊宏社長(写真:スズキ)

スズキは2020年11月25日、「ソリオ」と「ソリオ バンディット」を全面改良し、12月4日より発売すると発表した。

2011年に登場した「ソリオ」、そしてその派生車種として2012年に追加された「ソリオ バンディット」は、コンパクトで取り回しのいいボディと広い室内空間を両立したことで、コンパクトハイトワゴンという新たな市場を切り開いたモデルだ。

ソリオは、「ワゴンR」の派生モデル「ワゴンR+」が「ワゴンRソリオ(2000年)」「ソリオ(2005年)」へと名称変更したことにより誕生。2010年に登場した2代目モデルは、後席両側スライドドアや前後左右ウォークスルーを採用するなど、使い勝手を向上させて人気を獲得した。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

このときに、フロントまわりを中心にデザインを変えたバンディットも発売。2015年には3代目となり、マイルドハイブリッドや新プラットフォーム「ハーテクト」を採用して、ソリオらしさを向上させた。

2代目以降は大きく路線変更することなく、コンパクトハイトワゴンの先駆者として、モデルチェンジを重ねるごとに格段に商品価値をアップさせてユーザーの支持を増やし、月平均3500台以上という安定した販売台数を維持し続けている。

スズキのラインナップの中では、世界戦略車である「スイフト」と並ぶ人気モデルで、2016年から4年連続で国内登録車販売台数10万台を堅持する屋台骨の1つだ。

コロナ禍の販売低迷を打破する

代表取締役社長 鈴木俊宏氏は、「コロナ禍により、今年度の4月から9月の登録車販売台数は4万7000台と厳しい状況ではありますが、この新型ソリオで挽回し、2020年度も年間10万台以上の登録車販売を目指したい。そのために、新型ソリオは今まで培ってきたソリオの良さを一層磨き上げ、広さと快適性、安全性をはじめ、全方位にわたって大きな進化を遂げました」と語った。

11月25日に行われた発表会の様子(写真:スズキ)

また「私どもの小型車ラインナップ上、大変重要な車種である新型ソリオは、競争の激しいコンパクトハイトワゴン市場に、スズキが満を持して投入する自信作であり、多くのお客様からご支持をいただけると確信しています」と、自信をのぞかせる。

今回の全面改良で一番に重視した点は、「ユーザーの声」だとチーフエンジニアの永田和夫氏は言う。

次ページ80mmの全長拡大で荷室長は100mmアップ
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT