「ムーヴ キャンバス」6年ぶり全面改良の超進化 2つの内外装に待望のターボ搭載で抜け目ナシ

印刷
A
A
「ムーヴ キャンバス ストライプス」(写真:ダイハツ工業)

かわいい外観やカラー、適度な全高、そしてスライドドアで人気を博してきたダイハツ「ムーヴ キャンバス」が、フルモデルチェンジを実施。2022年7月13日より発売されることが発表された。現行モデルの登場が2016年だったから、6年ぶり。そして初のフルモデルチェンジとなる。

2002年に登場したスズキ「アルトラパン」が先鞭をつけた、“かわいいスタイル”の軽自動車。ダイハツは2004年に「ムーヴラテ」、2008年に「ムーヴコンテ」、2009年に「ミラココア」を投入するが、いずれも大ヒットには至らず1代限りで生産終了となっている。そんな中、2016年に発売したのがムーヴ キャンバスだった。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ラテやコンテ、そしてライバル・ラパンとの違いは、スライドドアを持っていること。タントやN-BOXなど、スライドドアを持つスーパーハイトが軽自動車の主流となっていた中で、この選択が成功につながる。

また、全高がスーパーハイトワゴンよりも低く、「ムーヴ」や「ワゴンR」と同程度だったことも、「そこまでの背高はいらない」というユーザーに支持された。“ありそうでなかった”を形にして、ヒットに結びついたわけだ。

6年のモデルライフの間には、何度かの改良や特別仕様車の追加などはあったが、大きなマイナーチェンジをすることなく、累計38万台を販売している。

「ムーヴ キャンバス」の現行モデル(写真:ダイハツ工業)

「丸み」+「艷やかさ」で新しさを表現

第2世代となったムーヴ キャンバスの印象は、現行モデルと大きく変わらない。これは、現行モデルのデザインが好評だったためだろう。

しかし、新世代のDNGA(Daihatsu New Global Architecture)プラットフォームを採用するなど、中身は一新されている。これまでなかったターボエンジンが選べるようになったことは、“待望の”といえるポイントだ。

外観は、「ムーヴ キャンバスの特長であるスマイルフェイスをベースに、すっきりさせたフロントデザイン」としたうえで、「全体的に丸みを強調させ、艶(つや)やかさを表現したボディライン」を持たせたと説明される。

たしかに、フロントまわりを中心に丸みのあるデザインとなっている。またフロントウインドウの傾斜角が強められたことも、丸みを感じさせる一因だろう。

次ページ「ストライプス」と「セオリー」、2つのデザインテイスト
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT