「自助・共助・公助」を批判する人の大きな間違い 年金はどっち?知っておきたい社会保障の基本

印刷
A
A

このように社会保障においてはそのほとんどが共助で成り立っています。さきほどは老後生活を賄う年金の話でしたが、わが国は医療保険も国民皆保険ですから、病気になればまず健康保険からの給付があり、高額な医療費に対しては高額療養費制度で賄います。公的な医療保険で賄えない部分だけ、自分の貯金や民間の医療保険という「自助」の手段を使って補うことになるわけです。

「定年前、しなくていい5つのこと」(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

もちろん、ここでも公助はあります。生活保護の中で医療扶助という部分があるからです。したがって、社会保障の話になると「自助・共助・公助」という順番は明らかに間違いであり、基本は「共助」であり、それで物足りない人は自由に自助努力で賄うようにすればいいのです。

そして残念ながら共助の枠組みから外れてしまった人は公助であるセーフティーネットで税金を使うことで救済するということになるわけです。

「共助」というのは極めて重要な考え方です。実は戦前の日本は共助ではなく、互助が中心でした。つまり高齢になったり病気になったりすれば、家族や親族で面倒をみる、もう少し具体的にいえば、年取った親の面倒は子どもがみるのが当然という社会だったのです。

今後は「子育ても社会全体で支える」という考え方

ところが日本が高度成長の時代となり、核家族化が進んで行くと互助は成り立たなくなります。そこで昭和30年代から医療や年金において共助が中心となる社会が出来上がっていったのです。年金や医療はその頃から仕組みが出来上がっていますし、介護については2000年から公的介護保険の制度が始まりました。

今日において大事なことはこの「共助」をしっかりと維持すること、すなわち多くの人が制度に参加して社会全体で支えることです。さらにいえば、かつては家族が支えてきた高齢者扶養が次第に社会全体で支えるようになってきたのと同様、今後は子育ても社会全体で支えるという考え方が必要になってくるのではないでしょうか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT