過剰な雇用調整助成金でしわ寄せが若者に集中

経済をできるだけ動かして採用を増やす政策を

新卒一括採用制度の下では、若者が景気の振れの影響を大きく受けざるをえない(写真:Fast&Slow / PIXTA)

新型コロナウイルス感染症の影響で、雇用情勢は厳しさを増している。労働市場の需給関係を反映する有効求人倍率は、2019年4月の1.63倍から2020年9月には1.03倍まで低下し、失業率は2019年12月の2.2%から2020年10月には3.1%まで上昇した。ただ、経済活動の急激な落ち込みの割に失業率の上昇が限定的にとどまっているとの見方も可能だ。

雇用調整助成金で失業の増加に歯止め

1980年以降のデータを用いて実質GDP(国内総生産)と失業率の関係(オークンの法則)を計測すると、GDPギャップが1%悪化すると失業率ギャップが0.26%上昇する傾向がある。実質GDPは2019年10~12月期から2020年4~6月期までの3四半期で10.5%減少し、GDPギャップも10%以上悪化した。

GDPギャップ=(現実のGDPー潜在GDP)/潜在GDP 失業率ギャップ=失業率ー構造失業率
次ページ現状はどうなっているのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT