カズレーザー「人生すべて成り行き」の深い真意

「何にも執着しない」「風呂敷も広げない」理由

カズレーザーさんの「心に響く」言葉とは?(撮影:今井康一)
幅広いジャンルの知識を持ち、芸能界の新たな”ご意見番”として存在感を放つ、カズレーザーさん。だが、仕事に対しては「狙ってやってることなんて、ひとつもないです」と、あっさり語る。知性派売れっ子タレントの仕事観とは――。
※前回記事:カズレーザー「世界のすべては他人事」と思う訳

自分の代わりはいくらでもいる

「僕がやれる仕事なんて、ほかの誰でもできると思ってるんですよ」

取材中、スッキリとした顔で語ったカズレーザーさん。競争が激しい芸能界で、なぜこんなにも飄々(ひょうひょう)としていられるのか。メイプル超合金は『M-1グランプリ2015』をきっかけにブレイク後、コンスタントにテレビに出演し続けている。今のポジションを渡したくないと思ったことは、本当にないのか? 聞いてみると――。

「そんなの、一切ないですね。だって、たまたまそこにあったいすに座らせてもらっただけだから。誰かに『ちょっとどいて』って言われたら、どくしかないですよ。そもそも、自分が作ったいすじゃないし、もともと他人のいすじゃないですか。『自分の代わりはいない』って考えが、いちばんよくないと思うんです」

日に日に勢いを増すお笑い第7世代の後輩たちに対する焦りや敵対心など、一切ないという。

「別に、これまで第6世代もいたし第5世代もいたでしょう? 次は第8世代と言われる若手が出てくるだけ。人じゃなくても、世の中には新しいものがつねにあふれてるし、いちいち気にしてもしょうがなくないですか? どんなに頑張ろうが、自分も歳をとるわけだし」

次ページあっさり、ピン芸人としてのキャリアを中断
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT