アメリカの映画館「倒産続出」は避けられない訳

ワーナーがついに開けた「パンドラの箱」の衝撃

ワーナーが配信に力を入れることで、アメリカの映画館はもはや青息吐息だ(写真:Gary Hershorn/Getty)

コロナの影響で、アメリカの映画館の多くが潰れる――3月以来、ずっと恐れられてきたことが、いよいよ現実のものになろうとしている。

今月ワーナー・ブラザースは、2021年公開予定の映画17本すべてを、劇場公開と同時に自社の動画配信サービス「HBO Max」で配信すると発表したのだ。

17本の中には、大型予算を投入した『マトリックス4』『ザ・スーサイド・スクワッド』『DUNE/デューン 砂の惑星』なども含まれる。これらの大作も、追加料金なしで見られるという。

配信されるのは公開日から1ヵ月間のみで、映画館ではその後も上映が続けられる。「これは来年だけに限った措置で、恒久的なものではない」と、ワーナーは表明している。

動揺を隠せない映画館関係者たち

この突然の発表に、劇場主たちは大ショックを受けた。ワーナーは一足先に12月公開の『ワンダーウーマン1984』を劇場公開と同時にHBO Maxで配信すると発表しており、劇場主も渋々ながら、これには納得していた。

現在も主要市場であるロサンゼルスやニューヨーク、サンフランシスコの映画館は閉鎖状態。さらに感染拡大によって閉鎖エリアが拡大する可能性も高い。そんな中ではしかたがないことだと、劇場主たちも思っていた。

だが、アメリカではワクチン摂取はもう間近に迫っており、来年春ごろにはおそらく映画館にも客足が戻ってくる。家にこもってテレビの小さな画面で我慢していた映画ファンは、きっと喜んで劇場に押し寄せるだろう。劇場主たちはそれを希望に残りの数ヵ月を乗り切ろうと思っていたはずなのに、ワーナーによってその望みは、はかなくも奪い取られたのである。

映画館チェーン最大手のAMCのトップであるアダム・アーロンは、「ワーナー・ブラザースは、立ち上げたばかりのHBO Maxを援助するために、自分たちの利益だけでなく、製作パートナーやフィルムメーカーの利益までを犠牲にしようとしている。

AMCは「被害を与えるこの行動をなんとしても止める。我々はすでにこの件についてワーナーのリーダーと緊急の話し合いをすべく動いている」と語った。

「製作パートナーやフィルムメーカーにも犠牲が出る」と彼らが言うのは、映画の収益は、監督や主演俳優にも契約で決められた分配が支払われることが多いからである(『ワンダーウーマン1984』の主要な関係者には、同時配信するに際してワーナーは事前にお金を払っている。今後の17本からも同様のことを求められる可能性は高い)。

そして彼らの言うとおり、今回のやり方ではワーナーも短期的には損だ。北米だけで1億ドルなり2億ドルなり稼げていたかもしれない映画を月15ドル払っている会員に無料で提供するのだから。

次ページなぜ新作映画を「追加料金なし」で配信するのか?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT