「充実野菜」「ルーツ」を作った男の"成功法則"

伝説のマーケッターは、なぜヒットを出せるのか?

【鉄則06】 売れなくなった商品への未練は捨てる

マーケッターは自分が生み出した商品に深い愛着があるゆえに、「まだいける!」と信じてしまうもの。私自身、何度も経験しています。デザインや味のリニューアルをしたり、販促経費のテコ入れをしたりしてもV字回復することなく、手痛い失敗となるケースは数多くありました。

経験からわかったことは、「あきらめる勇気」も必要だということ。リニューアルで大きく成功した試しがありません。それよりも気分を一新し、新しいアイデアを考えて商品化することに労力を費やすのです。

「感情のリセット」は、必須のスキル

どれだけ入念に取り組んでも失敗がなくなることはありません。時にはとんでもなく落ち込んでしまいます。ですが、反省すべきは反省しつつも、早めに気分を切り替えて前を向くことが大切です。これは、マーケッターに求められる素養のひとつ。

私の場合、具体的には、

・自宅からなるべく遠くへ行く

実際の距離が大事です。とにかく離れた場所に行って気分を切り替えるのです。サラリーマン時代には、ほぼ毎週末、横浜や箱根、東京ディズニーランドへドライブしていました。

・成功した夢を見る

夢は自由です。成功している光景を思い浮かべながら寝床に入ると、入眠しやすく、睡眠の質もいい。また眠っている間にも、前向き思考が脳の整理に有効に働きます。

人は誰しも失敗してしまうもの。優れた成果を上げているすご腕のサラリーマンももちろんそうですが、その裏舞台では数え切れないほどの失敗を重ねていることも少なくありません。それを糧にできるかどうかが何よりも大切なのです。

(編集協力:横山博之)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT