【産業天気図・外食】消費不況は後半微回復も「曇り」止まり。企業の優勝劣敗鮮明に


 特に首都圏では内外装を一新した高級型店舗の展開に乗り出しており、「消費者は徹底的に安い商品と同時に、新しいライフスタイルも求めている。ここに訴求できる商品と店舗を提供する」(原田永幸社長)という。
 
 一方でパブ・居酒屋やディナーレストランといった業態では苦戦企業が少なくない。

例えば、都内中心に高価格帯のイタリア料理、メキシコアメリカ料理等を手掛けるグローバルダイニング<7625>のは前09年12月期、営業益ベースで6割減益という厳しい業績となった。

同社の長谷川耕造社長は、「今や軽く赤ちょうちんに寄る傾向すらなく、家で安く飲めればいいというスタイルに変化している」と話す。

個人消費は一時の急ブレーキ状態を脱しつつあるものの、中期的に大幅な回復は見込みにくい。この環境が続けば下位企業の中に、上位企業の買収対象となったり撤退したりという動きも出るだろう。

「生き残る企業は各業態で2~3社」という業界の“定説”が現実になる日も近いかもしれない。 
(二階堂 遼馬)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
親子で話し合う<br>相続・終活・お墓

親子の3大難題を解決に導く決定版。相続で「もめない」23の鉄則、子や孫が助かる「生前贈与」のフル活用法、財前直見さんが勧める「ありがとうファイル」の作り方、「免許返納」で親を説得するポイントなど最新情報を満載。

  • 新刊
  • ランキング