【産業天気図・外食】消費不況は後半微回復も「曇り」止まり。企業の優勝劣敗鮮明に

予想天気
10年4月~9月 10年10月~11年3月

外食業界は個人消費の減速を受け、2010年4~9月は「雨」。10年10~11年3月期は消費の小幅回復を想定して「曇り」に改善する見通し。

ただ、この天候回復の恩恵を享受するのは各業界の大手企業が中心で、優勝劣敗が鮮明になりそうだ。
 
 日本フードサービス協会によると、外食業界の2009年全業態トータルの全店売上高は前年比1.5%減と、6年ぶりに前年を下回った。

客数は0.2%増だったものの、客単価が1.7%減となり、顧客の節約志向の高まりによるデフレ色が鮮明となった。外食企業の店舗力を示す指標となる既存店ベースでは、客数でも前年を下回った可能性が高い。

にもかかわらず、外食最大手の日本マクドナルドホールディングス<2702>は堅調だ。消費不況下さなかにあっても、前09年12月期の既存店売上高は1.1%増。上場来最高益も更新した。コーヒー無料化や100円メニューといったデフレ経済に合った戦略を展開した一方で値上げも断行。メリハリの効いた経営戦略が奏功している。

足元でも2月の既存店売上高が9.1%増(客数3.2%増、客単価5.7%増)と好調。着実な業績を支えに、今後約1年で全店の1割強を一挙に閉鎖する計画。不採算店を一掃した後、好立地へ改めて出店する方針だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT