iPhoneの「やや戸惑う新機能」を無効化する裏技 「動画」が小窓で再生し続けるのをやめたい

✎ 1〜 ✎ 87 ✎ 88 ✎ 89 ✎ 最新
拡大
縮小
iOS 14から加わった「ちょっと不便な新機能」を無効化する方法を紹介する(筆者撮影)

iOS 14では、ユーザーインターフェイス(UI)も大きく見直され、iPhoneの大きなディスプレーを有効活用できるようになった。例えば、電話を着信したとき、iOS 13までは画面全体が電話に切り替わってしまっていたが、iOS 14からは、画面上部に着信を知らせるバナーが表示されるだけになった。

この連載の一覧はこちら

Siriも同様で、起動時にディスプレーを占有してしまっていたUIが変わり、画面下部にSiriが起動したことを示す球体が表示されるようになっている。

シリーズを経るに従い、徐々に大画面化しているiPhoneだが、iOS 14のUIは、せっかく大きくなったディスプレーを無駄なく使えるものと言えそうだ。動画を小窓で表示するピクチャ・イン・ピクチャもその一環で、これもiOS 14から加わった新機能。とくに画面サイズの大きなiPhone 12 Pro Maxのような端末では、動画の視認性も高いため、ながら視聴をするにはうってつけと言える。

とはいえ、電話がかかってきたときには、なるべく取り逃さないようにしたいという人もいるはずだ。とくにビジネスでiPhoneを使っているようなケースでは、目の前の作業がいったん中断されてでも、電話を取れたほうがいいこともある。バナーは画面上部に表示されるため、指が届きにくいのも難点だ。

iOS 14では、こうした新機能を無効化することもできる。状況や好みに合わせて、設定を切り替えるようにするといいだろう。その方法を紹介する。

1.電話のUIは、iOS 13までのように戻せる

iOS 14では、電話を受けた際のUIが大きく変わり、よりさり気なく着信を知らせてくれるようになった。

iOS 13までは、画面全体が電話アプリに切り替わり、応答するか拒否するかを選択しないとほかの操作ができなくなっていたが、iOS 14では画面を占有することなく、画面上部にバナーとして通知が表示される形になった。iPhoneを操作している際に電話がかかってきても、重要でなさそうなときにはそのまま目の前の作業を継続できて便利だ。

次ページバナー表示のデメリット
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT