「のり弁研究」思い立った僕が気づいた真の主役 漫画「出かけ親」(第16話)

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5
拡大
縮小
今回は「のり弁」を食べに行きます!

食べ、呑み、あそぶ。吉田戦車のお散歩記!

『出かけ親』(小学館)。書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

大ヒット育児漫画『まんが親』の次に吉田戦車が挑むあらたなエッセイ漫画のテーマは……お出かけ!

昼呑みの誘惑に負け(続け)、「のり弁」研究にいそしみ、駅弁大会に日参し、立ち食いうどんを愛でる。

――このお出かけ、「メシ」「酒」率やや高め!!

前作より成長した“ムスメ”、そして変わらず愉快すぎる大ボケを連発する“妻”伊藤理佐氏も、もちろん登場!

出かけ親』(小学館)より抜粋してご紹介します。

この記事の漫画を読む(4ページ)
吉田 戦車 漫画家

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

よしだ せんしゃ / Yoshida Sensya

1963年岩手県生まれ。『伝染るんです。』の国民的大ヒットで不条理ギャグの境地を開き、現在も圧倒的な人気を誇る。『ぷりぷり県』『殴るぞ』など代表作多数。1991年、第37回文藝春秋漫画賞を受賞。2015年には第19回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。
現在「ビッグコミックオリジナル」にて『出かけ親』を連載中! 妻は漫画家の伊藤理佐氏。
 

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT