統合で目指すのは社員を雑草のように強くすること

高須武男 バンダイナムコホールディングス社長


 --バンダイはプロデュース型の商売が得意ですから、バンダイがナムコをプロデュースすればいい。
 
 ナムコにはじっくり考える、というよさがある。新しいことをするときもじっくり市場調査する。考えるよりもまず行動するバンダイとは対照的です。その違いは、扱ってきた商品の違いでもある。バンダイは単品商売が中心だからスピード重視。ナムコは数億円かけて施設までつくってしまうわけだから、やってみてダメだったではすまない。
 
 どちらがいい悪いではなく、その二つの中間で、足して1・3ぐらいで割ったところに新しい答えがあるはずです。それぞれのよさを失ってしまったら統合は失敗でしょ?
 
 --ただ、マネジメントという点で持ち株会社が大組織を束ねるケースであればバンダイ優位では?
 
 そうか、そう言わせたいな(笑)。しかし、そうともいえない。ナムコの中にも優秀な経営者はいるし、グループ内の経営者同士がお互いを見て学習している。経営を束ねる人という意味では、私の後継も含め、これから何年か後に答えが出る。
 
 --バンダイ社長就任から数えて9年目。後継者は意識しますか?
 
 もちろん。私はサラリーマンですからバトンをつなぐのが役目。バンダイ時代からそれは意識していて、バンダイの社長は上野(和典)君にスムーズに引き継げた。
 
 --候補はもう絞り込んだ?
 
 3人くらい。「あいつ、まだ自分のことばかり言っている」と観察したり、「もっと大きな物の見方はできないのか」と追い込むようなことを言ったり。面白いですよ。
 
 --追い込まれるほうはたまりませんね(笑)。先頃バンダイビジュアル等2社の非上場化などの組織再編を発表しました。ポートフォリオ整理はこれで一巡ですか。
 
 われわれは基本的にコンテンツを多数抱えるコンテンツホルダー。であればデジタルコンテンツの出口戦略をどうするかが重要です。これまでは携帯電話に流す会社、映像・アニメで流す会社、ゲームソフト会社と縦割りでしたが、もしかしたらコンテンツ制作会社を一つ構えて、それをあらゆる出口に対応させるというくくり方も考えられる。
 
 --新中計では次世代型のバンダイナムコ像が示されると?
 
 一挙にいくかはどうかは別にしても、最終形としてはデジタルコンコンテンツを軸に、有機的につながった会社にしたいと思います。
(週刊東洋経済:山崎豪敏編集長、勝木奈美子 撮影:吉野純治)

profile
たかす・たけお
●横浜市出身。1968年早稲田大学卒。同4月旧三和銀行入行。DDI(第二電電)出向、ロサンゼルス支店長等を経て96年4月バンダイ入社。99年3月同社社長。2005年9月より現職。

※高須の高は正しくはハシゴダカです

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT