エアガンで撃たれても遊び?いじめ裁判の難点

被害者はPTSDになり、今も苦しみ続けている

一審では、加害者たちに一定の責任を認めたことは前述したが、大きな疑問が2つある。

1つが学校側(市)の責任だ。市はこれまで、佐藤さんへの加害行為があったこと自体は認めている。2013年3月、当時の教育長は記者会見で「本件はいじめではなく、犯罪である」と発言した。同学年の生徒十数名から、金銭強要、エアガンで撃つ、殴る、蹴る、刃物をちらつかせる、殺虫剤をかけられるなどのいじめを受けたことで、PTSDに罹患したことも認めている。

ただし裁判では、学校や教師側がいじめを予見できないか、あるいは、しかるべき対策を講じていたにもかかわらず、暴行やいじめなどによる被害が発生してしまった場合は、責任は発生しないとしたうえで、佐藤さんのいじめの件で、教師は生徒たちの動静を観察し、適切な指導をしていたと主張。被害生徒が「仲良しグループ」の一人の場合、集団的、継続的ないじめなどを受けているのか、認知が難しい、と主張した。

学校外のことや夏休み中のことは認識できない

佐賀地裁はどう判断したのか。加害行為を認めた部分については、佐藤さんが受けた被害の多くが「学校外や夏休み中のもの」であって、担任が認識できたとはいえないとした。

佐藤さんは学校内でもいじめはあったと主張している。「周りを取り囲まれ、背後から首を絞められ、殴られたり、蹴られたりしました。カッターの刃を突き付けられ、目の前でのノコギリを振り回され、恐怖で体が硬直し、頭の中が真っ白になりました」と述べた。

ただ加害生徒の一人がカッターナイフを持ち出した行為について、市側は担任がいない場面であったとして責任を認めていない。

ほかにも、教室では「プロレスごっこ」がよく行われていた。

一審では「殴る蹴るといった暴行、首ロック、ヒザカックンなども含まれる」としつつ、被告生徒らのすべてが、何らかの形でこのプロレスごっこに関わっていた」と認めた。が、「一定の苦痛を受けることを承諾していた」などとして「違法と評価することはできない」と結論づけた。

次ページ担任は見て見ぬふりをしていた?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT