マイケル・J・フォックスが引退表明した理由

難病との戦いにも負けない「素敵な楽観主義者」

今月、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』三部作などで知られる俳優のマイケル・J・フォックスが「二度目の引退」を表明した(写真:Nicholas Hunt/Getty Images)

「あと10年働けたら幸運」と医者に言われてから30年、マイケル・J・フォックスが、俳優を引退する。パーキンソン病と診断されて以来の30年間、フォックスは、80年代末から90年代にかけての黄金時代ほどではないものの、主にテレビで数々の役に挑戦してきた。その間、エミー賞にも8回ノミネートされ、受賞も一度している。

しかし、最近はまた病状が悪化し、記憶力の低下、幻想、認知症の兆候が見られるようになった。双子の娘を見てどちらがどちらかわからなくなったり、もう車の運転はしないのに車の鍵を探したりして、潮時だと思ったのだそうだ。

今月出版された4冊目の著書『No Time Like the Future: An Optimist Considers Mortality』で、フォックスは、「何事にも終わりがある。12時間仕事をし、7ページ分のセリフを覚える僕の日々は終わった」と述べている。

フォックスを苦しめる「パーキンソン病」

フォックスがパーキンソン病を抱えていることを公にしたのは1998年。だが、本人が初めて体の異常に気づいたのは、『ドク・ハリウッド』(1991)を撮影していた29歳のときだ。小指がピクピクと痙攣しだしたのが、最初の兆候だったという。

当時の彼は、ハリウッドで最も勢いに乗っていた若手スター。テレビ番組『ファミリータイズ』(1982-1989)でブレイクし、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』3部作(1985-1990)、『摩天楼はバラ色に』(1987)、『再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ』(1988)、『カジュアリティーズ』(1989)など、毎年ヒット映画に主演する大の売れっ子だった。

この頃、日本でホンダ・インテグラのCMにも出ている。私生活でも、『ファミリータイズ』で共演したトレイシー・ポーランと結婚し、長男が生まれたばかりだった。

キャリアの絶頂期に完治が難しいパーキンソン病を宣告をされ、彼は絶望し、浴びるように酒を飲むようになる。しかし、そんな内面の葛藤と病気のことを隠しつつ、『バラ色の選択』(1993)や『アメリカン・プレジデント』(1995)などの映画に出演し続けた。1996年からは、テレビ番組『スピン・シティ』に主演。病気のことを公にしたのは、この番組が人気を集める真っ最中だ。彼はまた、パーキンソン病の研究を推奨し、治療法を見つけるため、ザ・マイケル・J・フォックス基金を設立。翌1999年には、上院予算委員会に出席した。

次ページフォックスが語った「パーキンソン病との戦い」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT