新型「BRZ」がキープコンセプトで登場した理由

基本設計の踏襲はカスタム派ユーザーには朗報

オンラインで発表された新型BRZ(写真:SUBARU)

2020年11月18日、スバルは新型となった「BRZ(アメリカ仕様)」をオンラインで発表した。発売はアメリカにおいては2021年秋だという。BRZは、トヨタと共同開発した車種で、トヨタ版は「86」として発売されている。

2012年に初代モデルが発売され、今回で第2世代となった。初代モデルは7月末で生産終了となっていたから、待望の新型登場である。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

先にスバルのBRZが発表されたが、そう遠くないうちにトヨタ版の「86」もお披露目されるだろう。

では、新型となったBRZは何が変わったのだろうか? そして変わらないものはあるのだろうか? 先代モデルから変わったところ、変わらなかったところを分析してみよう

パワーアップとアイサイト採用がトピック

ひと目でわかる変化は、エクステリアのデザインだ。ヘッドライトの形状が変わり、スバルのアイデンティティでもあるヘキサゴン(六角形)グリルは、より大きくなった。そして、フロントフェンダーの前輪後方に追加されたエアアウトレットが、迫力を生み出している。

ナンバープレートがトランクリッドからバンパー内に移設された(写真:SUBARU)

室内で大きく変わったのは、7インチTFT液晶パネルとセグメント液晶パネルを組み合わせたデジタルメーターを採用したことだ。また、AppleのCarPlayやAndroid Autoに対応したマルチメディアインフォテインメントシステムを導入。万一の事故を通報するコネクテッドサービスも用意されている。

機能面での大きな変化は、水平対向4気筒エンジンの排気量アップと、それにともなう出力の向上だ。

エンジン排気量は2リッターから2.4リッターとなり、最高出力・最大トルクともにアップ。今回、発表されたのがアメリカ仕様のため、公開されたスペックもアメリカ式の表記だが、最高出力は205hpから228hpになり、最大トルクは156lb-ftから184lb-ftへと、ともに10~15%ほどアップしている。

ボディは、インナーフレーム構造や構造用接着剤などを採用し、先代モデルよりもフロント横剛性を約60%、ねじり剛性を約50%アップ。剛性がアップするとサスペンションがよく働くようになるため、走行性能向上の一助となるはずだ。

次ページ待望の「アイサイト」を搭載
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT