新型「BRZ」がキープコンセプトで登場した理由

基本設計の踏襲はカスタム派ユーザーには朗報

オンラインで発表された新型BRZ(写真:SUBARU)

2020年11月18日、スバルは新型となった「BRZ(アメリカ仕様)」をオンラインで発表した。発売はアメリカにおいては2021年秋だという。BRZは、トヨタと共同開発した車種で、トヨタ版は「86」として発売されている。

2012年に初代モデルが発売され、今回で第2世代となった。初代モデルは7月末で生産終了となっていたから、待望の新型登場である。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

先にスバルのBRZが発表されたが、そう遠くないうちにトヨタ版の「86」もお披露目されるだろう。

では、新型となったBRZは何が変わったのだろうか? そして変わらないものはあるのだろうか? 先代モデルから変わったところ、変わらなかったところを分析してみよう

パワーアップとアイサイト採用がトピック

ひと目でわかる変化は、エクステリアのデザインだ。ヘッドライトの形状が変わり、スバルのアイデンティティでもあるヘキサゴン(六角形)グリルは、より大きくなった。そして、フロントフェンダーの前輪後方に追加されたエアアウトレットが、迫力を生み出している。

ナンバープレートがトランクリッドからバンパー内に移設された(写真:SUBARU)

室内で大きく変わったのは、7インチTFT液晶パネルとセグメント液晶パネルを組み合わせたデジタルメーターを採用したことだ。また、AppleのCarPlayやAndroid Autoに対応したマルチメディアインフォテインメントシステムを導入。万一の事故を通報するコネクテッドサービスも用意されている。

機能面での大きな変化は、水平対向4気筒エンジンの排気量アップと、それにともなう出力の向上だ。

エンジン排気量は2リッターから2.4リッターとなり、最高出力・最大トルクともにアップ。今回、発表されたのがアメリカ仕様のため、公開されたスペックもアメリカ式の表記だが、最高出力は205hpから228hpになり、最大トルクは156lb-ftから184lb-ftへと、ともに10~15%ほどアップしている。

ボディは、インナーフレーム構造や構造用接着剤などを採用し、先代モデルよりもフロント横剛性を約60%、ねじり剛性を約50%アップ。剛性がアップするとサスペンションがよく働くようになるため、走行性能向上の一助となるはずだ。

次ページ待望の「アイサイト」を搭載
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT