自民がリニア「関西同時開業」を狙う舞台裏

利子と税金で、JR東海を財務支援?

決議案には、もっともらしい大義がそう書かれている。「リニアは安倍政権にとっても究極の成長戦略になる」と、ある自民党中堅議員も強調する。スキームの概要は以下の通りだ。

①まず、鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)が財投機関債を発行し、資金を調達する(場合によっては国が政府保証)、②鉄道・運輸機構がリニアの路線を建設する、③完成後、鉄道・運輸機構が路線をJR東海に引き渡す、④JR東海が資金の元本部分のみを分割で返済する、という手順である。

この方式なら、数百億~数千億円とされる利子部分(返済期間・金利で金額は変動する)は、国が負担することになる。借金とはいえ、JR東海にとっては利子のつかないカネであり、「利子負担がなくなる意味は大きい」と、JR東海役員もうなるほどだ。

JR東海は1997年10月の上場以来、一度も公募増資をしておらず、「当面するつもりはない」(JR東海役員)。資金調達は借入金と社債に頼っており、特に10年以上の長期の資金は社債が中心である。現在のところ、JR東海の社債格付けはAa3(ムーディーズ)で、トヨタ自動車とも同じレベルなのだが、「これはリニア計画を織り込んでいない」(ムーディーズ)前提。これから、具体的な着工や投資額が明らかになってから、再び見直すとしている。株式市場でも、JR東海がリニア計画を全額自己負担すると宣言した07年、同社株が急落しており、財務リスクへの警戒心が強い。純粋にカネの面だけ見る限り、資金負担の減る効果は小さくない。

さらに利子だけではない。スキームには「所要の税制等の措置を講ずる」とも書いてある。実際に2014年度の税制改正では、JR東海が建設するリニアの路線の用地取得に関し、不動産取得税と登録免許税が免除されることが決まった。国の関与拡大はジワリ深まっている。

次ページ財務支援はJR東海にとってバラ色なのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。