自民がリニア「関西同時開業」を狙う舞台裏

利子と税金で、JR東海を財務支援?

カネを出せば口も出す、“両刃の剣”の財務支援

が、事はそう単純でないのも事実だ。いわゆる「タダほど高いものはない」のが世の常。自民党の特別委員会が考えたスキームは、整備新幹線のそれと似ている。旧国鉄時代の“我田引鉄”ではないが、仮に国から財務支援を受ければ、今後、名古屋―大阪間では、具体的なルートや中間駅の位置、停車本数などを巡り、政府与党や地方自治体からのプレッシャーを受けそうだ。それだけ経営の自由度も狭まる。

もともと「関西同時開業」論よりも前に、名古屋―大阪ルートで火花を散らしていたのは、「京都vs奈良」の案件だった。リニア中央新幹線の計画では、「奈良市付近」を通ることまで決まっていたが、府外を素通りされる京都側がそれに猛反発。京都府・京都市を挙げて、京都への通過をアピールしていたのである。現在の東海道新幹線も過去、奈良と決まっていたルートを京都がひっくり返した実績があり、それの再現を目論んでいるわけである。

それがここに来て、風向きは完全に変わった。京都vs奈良の内輪同士で揉めていては、名古屋・関西の同時開業の実現に支障を来してしまう。関西広域連合(連合長・井戸敏三兵庫県知事)の首長や関西経済連合会を中心に、通過ルートは当初通り「奈良市」とし、それよりも関西同時開業を優先しようとの流れが固まり、京都側の旗色は悪い。

一方、当事者であり意思決定者でもある、JR東海としては、まだ立場を決めかねているようだ。ただ、「具体的な条件が出てきてから検討する」(別な役員)ともしており、最初からNOというわけではないだろう。

果たして財務支援と引き替えに、与党からのリニアの関西同時(早期)開業の要望を、JR東海は吞むのか。両者の神経戦が続きそうだ。

(詳細は「週刊東洋経済」5月31日号特集「リニア革命」をご覧下さい)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT