「親になる!」と決めた40代夫婦が直面した事態

15年にわたる不妊治療を経た夫婦の「覚悟」

今年1月には、ゆかりさんが調理する日本の家庭料理の食堂をオープン。店名には、愛娘の名前が入っている(写真:ゆかりさん提供)

この取材は、娘さんも同席のうえで行いました。お子さんに養子ということは隠しておらず、わかりやすい言葉で少しずつ事実を伝えているそうです。

そんな取材で私がいちばん思ったのは、この家庭に彼女が養子にもらわれてきて本当によかったなということ。正直、実親のもとで暮らしていたら、彼女の人生は、健康状態は、今とはまったく違ったものだったと思うのです。

実際に会った彼女、そしていまSNS上で見る彼女は、健康的で、幸せそうで、きちんとした教育を受けているように見えます。いま幼稚園は新型コロナで休園中なのですが、オンライン授業を受けたりしているそうです。

日本にも「特別養子縁組」制度がある

ところで、彼らが養子をもらうに至った経緯を、まったく別世界の話のように感じる人もいるかもしれません。

当連載が、大幅な加筆修正を加えて、このたび書籍になります!『ほしいのは「つかれない家族」 ワンオペ家事&育児に絶望した私が見つけた家族のシアワセ』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

でも実は、日本にも「親が育てるより社会で育てたほうがいい」と判断された子どもは約4万5000人いるのです。そのほとんどの親は生存しているのですが、養育拒否を含めた虐待、親の精神疾患や貧困や服役などが理由で子育てができない状態だそうです。

以前取材したアイスランド人の男性は、養子をもらうことを「世界から恵まれない子どもが1人でも減るならいいことだよね」と表現していたのですが、まさにそういうことなんだなと実感しました。

そして実は日本でも、養子縁組する家庭は少ないとはいえ、以前より増えています。養子縁組をサポートする団体も増えていますし、「特別養子縁組」という実子扱いになれる制度もあります。

というわけで、今回学んだつかれない家族になるヒントは……

子どもができなくてつかれた

里親制度や、養子縁組。
さまざまな制度を通して親になる、
という選択肢も考えてみる。

この夫婦は、長きにわたる不妊治療、養子縁組というハードルを乗り越えてきました。そこに至るには、夫婦の結束は絶対に必要だったはず。そこで次回は、この夫婦の家事育児分担やコミュニケーションについて紹介します。

この連載にはサブ・コミュニティ「バル・ハラユキ」があります。ハラユキさんと夫婦の問題について語り合ってみませんか? 詳細はこちらから。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT