「存在しない国番号」詐欺電話、驚きの巧妙手口

詐欺電話対策会社に直撃、その手口を聞く

――どのような仕組みで存在しない国番号を偽装しているのか。

「『発信者IDスプーフィング(Caller ID spoofing)』という手法により、偽の番号を表示させていると考えられる。『スプーフィング』とは『だます』という意味で、インターネットのセキュリティー用語で『なりすまし』を意味する。発信者は、スプーフィングソフトウェア等を使うことで、通話先のディスプレーに実際の発信地・発信番号とは異なる番号を表示することができる。

そしてこの手の詐欺電話は従来のアナログ的な方法ではなく、インターネットを介して音声を送受信する技術・VoIP(Voice over Internet Protocol)を利用していると見られる」

――存在しない国番号を使う理由は何か。

「現段階では、『これ』と断定できる明確な理由は判明していない。ただ言えるのは、彼らの技術を使えば、逆に『実在する国番号』を装って詐欺電話をかけることも可能だということだ」

存在しない国番号をブロックできるか

共同通信によると、10月8日現在で日本には存在しない国番号からの着信を防ぐ仕組みはないという。日本で仕組みがないというのは技術的な問題なのか、ルール上の問題なのかはわからないが、まったく方法がないというのだろうか。

tellows担当者によると、同社のアプリでは存在しない国番号も含め、ブラックリスト入りした番号は一括で着信拒否できるそうだ。番号が使われてからの後追いにはなるものの、日本でも存在しない国番号からの電話をブロックする方法が完全にないわけではなさそうだ。

次ページ番号表示さえだますことができる
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT