女子刑務所の中の「美容室」その知られざる実情

漫画「塀の中の美容室」(第1話前編)

出版社に勤める芦原志穂は、取材のため女子刑務所の中にある美容室に行くことに――

女子刑務所の中に、“受刑者が一般客の髪を切る”美容室がある。美容師は、重い罪を犯した者。だけどそこには、いつも青空があった――。

『塀の中の美容室』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

服役中に美容師の資格を取った受刑者・小松原葉留(こまつばら はる)は、女子刑務所内の美容室で、一般客の髪を切っている。

その美容室には天井から壁まで青空が描かれ、訪れる者は静かな時間に心を洗い流されてゆくのだった……。

小松原はなぜ、美容師として鏡の前に立つのか。客たちはなぜ、そこで髪を切るのか。

1人の受刑者と、社会を生きる女たちの、やさしくてあたたかな「再生」の物語。

塀の中の美容室』(小学館)より抜粋してご紹介します。

芦原志穂の場合

©小日向まるこ・桜井美奈/小学館
次ページ女子刑務所に美容室が…?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT