「一人暮らしの4歳児」が初めて銭湯に行った日 漫画『コタローは1人暮らし』(第2話)

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4
拡大
縮小
コタロー(4歳)とお隣さんが一緒に銭湯に……!? 笑って泣けるアパートメントコメディー第2話をお届けします(漫画:『コタローは1人暮らし』より」)

「アパートの清水」に突如、コタローという4歳の少年が引っ越してきた。

『コタローは1人暮らし(1) 』(ビッグコミックス) 。書影をクリックすると、小学館のサイトにジャンプします

なんと彼は1人暮らし。

しかし、その生活は無垢でも無邪気でもない。「生活力」があり、むしろアパートのちょっとダメな隣人の大人たちよりもよほどしっかりしている。

周囲を冷静に観察するコタローの視線に、大人たちは「ちょっとだけ」気付くこともある。そして、そんなコタローのちょっとずつ明らかになる過去に、皆が心を震わせていく――。

笑って泣けるアパートメントコメディー『コタローは1人暮らし』(小学館)より一部抜粋して、ご紹介します。

※前回記事:隣人が「一人暮らしの4歳児」と知った男の衝撃

この記事の漫画を読む(13ページ)
津村 マミ 漫画家

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

つむら まみ / Mami Tsumura

代表作に『コタローは1人暮らし』(ビッグコミックスペリオールにて連載中、既刊7巻)、『コンビニの清水』(全1巻)がある。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT