隣人が「一人暮らしの4歳児」と知った男の衝撃

漫画「コタローは1人暮らし」(第1話)

少年の名前はコタロー(4歳)。笑って泣けるアパートメントコメディー第1話をご紹介(漫画:『コタローは1人暮らし』より)

「アパートの清水」に突如、コタローという4歳の少年が引っ越してきた。

『コタローは1人暮らし(1) 』(ビッグコミックス) 。書影をクリックすると、小学館のサイトにジャンプします

なんと彼は1人暮らし。

しかし、その生活は無垢でも無邪気でもない。「生活力」があり、むしろアパートのちょっとダメな隣人の大人たちよりもよほどしっかりしている。

周囲を冷静に観察するコタローの視線に、大人たちは「ちょっとだけ」気付くこともある。そして、そんなコタローのちょっとずつ明らかになる過去に、皆が心を震わせていく――。

笑って泣けるアパートメントコメディー『コタローは1人暮らし』(小学館)より一部抜粋して、ご紹介します。

この少年は……!?

©津村マミ / 小学館
次ページティッシュはどこぞ?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT