「ママの怒り」が少なくなる家事代行の使い方

年々変わる家事育児をアウトソースする意識

散らかるのは「仕方がない」と半ばあきらめながら、夜な夜な片付けていた4~5年前。この頃から、家事代行をお願いしたいと思い始めていました(写真:Domani)

3児の母でありモデル牧野紗弥の人気連載。今回は、夏から始めた家事・掃除のアウトソースについて。片付いたばかりでなく、メンタルの効用も大きいことに気づきました。

「ママが怒ることが少なくなった」

みなさんは、育児・家事代行サービスを活用することを、どうとらえていますか? 「少し頑張れば、自分でできるもの」「サボっているみたいで、気が引ける…」「お金がかかる」、そんなふうに感じて、ためらっている方もいるのではないでしょうか。わが家も、この夏まではそうでした。

当記事は、Domani(ドマーニ)公式ウェブサイトの提供記事です

アウトソースを検討し始めたのは、5年前。子どもが小さくて手がかかるうえに、私も仕事復帰したばかりのころでした。子どもの送り迎え、家の中のお掃除など、何を手伝ってもらえば、家庭内がよく回るのか私もわからず、また夫も送り迎えを家族以外に頼むことに抵抗を感じたため、諦めました。

子どもも「知らない人が家にいるのは……」と抵抗を示したり、なかなかアウトソースの合意が得られないまま。やがて小学生の子どもも送迎時間も遅くなり、私がやりくりできるようになったとはいえ、家の中の片付けや掃除は、変わらず多い……。

そこで、さまざまな私のタスクの中から、掃除と片付けだけを切り出して、週に1回アウトソースすることを家族に提案。5年も検討し続けていたのに、拍子抜けするほどあっさり夫と子どもたちが納得し、8月から家事代行を頼むようになりました。

次ページ時間と気持ちに余裕が生まれる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT