伊藤忠が経営理念を「三方よし」に変えた意味

ステークホルダーへの責任をどう考えるべきか

「企業が何のために存在するのか」を公に宣言する経営理念は、どうあるべきなのか(写真:buritora/PIXTA)
「経営理念こそ最も重要な経営課題であり、会社の舵取りをするうえでの最強のツールである」──ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人などで社長職を歴任し、いまもさまざまな企業のアドバイザーを務める新将命氏は、著書『経営理念の教科書 勝ち残る会社創りのための最強のツール』でそう断言している。「企業が何のために存在するのか」を公に宣言する経営理念は、どうあるべきなのか。

「豊かさを担う責任」から「三方よし」へ

大手総合商社の伊藤忠商事は、2020年4月1日より経営理念を「豊かさを担う責任」(1992年に制定)から「三方よし」に改めた。近江商人であった創業者、伊藤忠兵衛氏の原点に戻る理念の改訂である。

三方よしとは300年以上にわたり近江商人に連綿と受け継がれている商売の哲学で、「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」の三者がよしとなる商いをするべきという教えであり戒めでもある。

「いまだけ、金だけ、自分だけ」の真逆の思想といえる。

今日風にいえば、企業の社会的責任“Corporate Social Responsibility”(CSR)が三方よしであるという意見もある。

しかし私はその意見には同意しない。

CSRは、企業にビジネス以外でも社会に対して貢献することを求めている。企業には社会的な責任がある。それは確かだが、ではそれで十分か。

企業には、社会への責任と同時に果たすべき責任がほかにもあるはずだ。

次ページ「三方よし」はステークホルダー主義
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT