オランダに485系、日欧「似たもの列車」大集合

「踊り子」の塗装や「白いかもめ」のデザインも

さて、オランダ国内を鉄道で旅していてよく見かけたのが「ドッグノーズ(犬の鼻)」という愛称で親しまれている電車だ。先頭のボンネット形の形状は確かに「犬の鼻」に見え、ユーモラスでさえある。1960年代の初めから2016年まで半世紀にもわたりオランダ国内の普通列車として使用され、各地で見ることができたためオランダを代表する車両として、わが国の鉄道雑誌などでもしばしば紹介された。

側面に斜めのストライプが入ったオランダの「ドッグノーズ」(筆者撮影)
JR東日本の185系特急「踊り子」(写真:K.O/PIXTA)

1968年以降、黄色の車体に青い斜めの3本ストライプという塗装に変更され、とくに斜めの3本ストライプは他に例を見ないデザインとして注目されていた。したがって、1981年に185系「踊り子」がデビューしたとき、ヨーロッパの鉄道に少しでも通じている識者からは、オランダのデザインを模倣したのではないかと話題になった。

185系は、その後塗装が変更になったものの、近年再びオリジナルの斜め3本ストライプが復活し、このままの姿で引退の時を迎えようとしている。オランダの「犬の鼻電車」のコピーなのか、偶然の一致なのかはあえて詮索しないけれど、ユニークなデザインであったことは間違いない。

ドイツの「白いかもめ」

水戸岡鋭治氏がデザインしたJR九州の885系特急電車は「白いかもめ」「白いソニック」の愛称で長崎本線や日豊本線などを快走し、人気ある車両だ。なかなかにカッコいいデザインは日本離れしたものがあり、ドイツ鉄道(DB)を走る高速列車ICE3、ICE-T、ICE-TDによく似ていると噂されている。

ドイツ鉄道の高速列車「ICE-T」(筆者撮影)
JR九州の885系「白いかもめ」(筆者撮影)

かつて、雑誌のインタビューで水戸岡氏にこの点に関して質問したことがあった。すると、よいデザインは、どんどん取り入れていくことにしているので、ICEのデザインは参考にしたとのこと。芸術家ではないので、オリジナルにはこだわらず、似たものをつくることに問題はないとの見解だった。ICEのデザインを担当したノイマイスター氏と水戸岡氏は親交があるとのことで、承諾を得たうえで似た車両を作ったとも話してくれた。

もちろん何から何まで模倣したわけではなく、車内のアクセントともいうべき墨書のギャラリーなどは、独自のデザインである。

ICEの初代、2代目は、動力車を組み込んだ機関車+客車との編成(ICE1は両端が動力車、ICE2は片側だけが動力車)だったが、ICE3以降は、完全な電車(動力分散式)となり、この点も日本の鉄道では受け入れやすい車両であったと思われる。振り子式のICE-Tは、高速新線(新幹線専用軌道)のみならず、カーブの多い在来線を走る区間が多い。そんな意味でも、ドイツの「白いかもめ」的な走り方をしているとも言えるだろう。

次ページ九州を走るTGV
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT