ノーベル賞でわかる「勝者の呪い」の回避方法

現実社会にも貢献したスタンフォードの2人

周波数オークションでは、得られる利用権そのものは誰が落札しても同じ共通価値を持つけれど、その周波数帯をどれくらい活用してどれくらい稼げるかは事業者側のビジネス戦略や経験、コスト状況といったものに依存する私的価値です。

つまり、相互依存価値の下でオークションが行われる。日本で考えるなら、ドコモとソフトバンクがまったく同じ周波数免許を獲得したとしても、彼らが追加的に稼げる金額が同じとは限らないですよね。

そして、共通価値があるケースで厄介なのが勝者の呪いでした。みんな払いすぎを恐れるので、割り引かなければいけない。

どこまで割り引くべきかを見いだすのは難しいけれど、例えば、紙に書いた入札額を提出して最も高い金額を書いた人が勝者になる封印入札型のオークションよりも、公開入札で徐々に価格が上がり、1人去り2人去りと参加者が脱落していく競り上げ式のオークションのほうが、勝者の呪いが緩和されると知られています。よって、ミルグロム氏とウィルソン氏が主導した周波数オークションでも、競り上げ式が採用されました。

複数を同時に売ることで問題を解決

また、このオークションの最大の特徴は、複数あるいろいろなエリアの周波数帯域の免許を同時に売ったことです。アメリカは国土が広いので、地域ごとにバラバラに周波数免許を割り当てている。

そうすると、カリフォルニアの免許とニューヨークの免許の両方が欲しいと考えているときに片方しか取れない事態が起こるとまずいし、あまりに金額が高騰したらどちらも買わないのが最適かもしれない、両方でビジネス展開したいのに間違って片方だけ落札してしまうと困る、といったいろいろな問題が出てくる。これを避けるには、同時に売るのがよいだろうということです。

ただ、売り方を工夫しないと間違って多めに買っちゃうとか、1つしか買えないということがやはり起こるかもしれない。そこで彼らが考えたのが、基本的には競り上げ式だけれど、各スロットを同時にオークションにかけて、それぞれ好きなオークションに参加し、競り上げることができるフォーマットです。この方式は「同時複数ラウンド競り上げオークション」(SMRA)と呼ばます。

実施した結果は大成功で、公平なやり方で各事業者に免許を行き渡らせたと同時に、もともとは無料で配っていた免許から、アメリカ政府は多くの収入を得ました。この政府収入は国民に還元されるので、2人の作った仕組みは一般の人々にも恩恵をもたらしたことになります。もちろんアメリカだけでなく、世界各国でこうしたオークションが実施されているので、彼らが現実世界に与えた影響は、はかりしれません。

次ページノーベル経済賞の授賞傾向に変化が
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT