アラスカのクルマ旅で見つけた「衝撃のホテル」

広大な自然の中にそれはあった

「アラスカ・ハイウェイ」の旅は、特別な記憶として残っているものの一つ(イラスト:LEON編集部)
カナダを経由してアラスカ州とアメリカ本土を結ぶ道路が「アラスカ・ハイウェイ」だ。そこを走っていると、まるで広大な自然の中に放り出されたような感覚に陥ってしまう。そんな道沿いに、ポツンと現れた“ホテル”が後にも先にも出会ったことがない場所になるとは……。

1964年の世界1周を皮切りに、世界中を旅してきた。その多くはクルマの旅だ。

本記事はLEON.JPの提供記事です

数千キロの旅はとくに珍しくないし、数万キロというタフな旅もした。いったいどのくらいの距離を走ったのだろう。今になって、記録しておけばよかったなぁと思っているが、、後の祭り。

まあ、数十万キロは走っているだろう。そんな中で、特別な記憶として残っている旅がいくつかある。

ロンドン〜シドニー、ロサンゼルス〜ニューヨーク往復、ロサンゼルス〜中西部〜南部〜ロサンゼルス、バルセロナ〜ベルゲン(ノルウェー)、オーストラリア横断と縦横断、、そして、今回書く、アラスカ・ハイウェイの旅、、といった辺りだ。

未舗装で険しい地形が多かった

アラスカ・ハイウェイは、カナダを経由してアラスカ州とアメリカ本土を結ぶ道路。元々は、太平洋戦争を機に、アメリカ軍の補給路として建設されたらしい。アラスカ州のデルタジャンクションを北端とし、カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州のドーソンクリークを南端とする、おおよそ2200キロのハイウェイ。

ハイウェイというと、淡々と続く快適な舗装路をイメージするかもしれない。が、40年ほど前に走ったアラスカ・ハイウェイは、「未舗装で険しい地形」が多かったと記憶している。実際に走ったのは、アラスカ州フェアバンクスからLAまで。5000キロを超える旅だった。

旅を共にしたのは、当時、週刊プレイボーイの編集者であったと同時に、家族ぐるみのお付き合いをしていた友人でもあったH氏。時は1979年の秋かと。旅の足は2代目シビック(通称スーパーシビック)だ。

ホンダと週刊プレイボーイの共同企画だったため、クルマの手配等々、面倒なことは「一切お任せ」だったのは楽だった。具体的なコース等、事前に決めていたことはほとんどなかった。決まっていたのは、「アラスカ・ハイウェイを走る」ことだけだったように記憶している。

次ページ「決めごと」のない旅がスタート
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT