資生堂、銀座の「スゴい旗艦店」が担う重大使命

化粧品は合成技術でお試し、買い物かごも不要

「SHISEIDO」ブランドで初となる旗艦店では、デジタル技術を用いることにより、自分に合ったファンデーションが1分ほどで提示される(記者撮影)

パネルの前に立ち、「色校正プレート」と呼ばれるシートを持って、自分の顔写真を撮る。すると、「ファンデーションバー」というコーナーで30色のファンデーションの中から最適な3色が提示され、客が試すことができる。その時間は、わずか1分ほどだ――。

化粧品大手の資生堂は7月、東京・銀座に「SHISEIDO グローバル フラッグシップ ストア」をオープンした。主力ブランド「SHISEIDO」の初となる旗艦店で、最先端のデジタル技術を生かし、同ブランドの訴求を一層強化する役割を担う。ファンデーションバーは「色が多すぎて、どれが自分に合うかわからない」(20代女性)という化粧品選びの悩みに、デジタル技術で応えた例の1つだ。

グロスをパネル上の自分に試し塗り

サービスの要となるのが、入店時に手渡される「S CONNECT」と呼ばれる紅白2色のリストバンド。チップが内蔵されており、「ファンデーションバー」のようなデジタル体験の結果などが記録される。

「MAKE ME UP」というコーナーでは、リストバンドをかざして手元の枠に商品を載せると、パネルに価格や色、使い方などの情報が表示される。

気になった化粧品があれば、「シミュレーター機能」を使うことにより、合成技術でグロスなどを塗った自分の顔が、パネル上に映し出される。今まで化粧品を試すときは、肌に直接塗って色合いを確認したり、美容部員にメイクをしてもらう必要があった。一方、MAKE ME UPではパネルに映った姿を見るだけで済む。

購入を検討した商品は、パネルに表示された「カートに入れる」ボタンを押して確保し、最後にレジで欲しい商品だけを選べる。デジタル技術を生かすことで、実物を体感できる実店舗のよさを残しながらも、商品の入ったかごを持つ煩わしさが取り除かれているのだ。

次ページコロナ禍で旗艦店をオープンした裏事情
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT