君は黒田総裁の会見を見たか? 完璧すぎる日銀・黒田総裁の「謎」を解き明かす

✎ 1〜 ✎ 40 ✎ 41 ✎ 42 ✎ 最新
拡大
縮小

完璧でない私の頭で考えると、それはインフレ率がまだ2%に達していないから。それに尽きる。それしか思いつかない。

「インフレ率2%」とは、「神の数字」

しかし、だとすると、2%というのは、なぜそこまで意味があるのか?

なぜ2%でないといけないんだ?1.5%でスーパー安定しているインフレ率で何がいけないんだ?もはやデフレでもなく、明らかにデフレマインドもない。しかし、経済の景気は過熱している。すき家も公共事業も滞っている。なぜ2%じゃないとだめなんですか? 1.5%じゃだめなんですか?

インフレ率2%とは、神の啓示なのか?

そうなのだ。理由はそれしかない。「神の数字」だからだ。

つまり、日銀が打ち出した数字が2%だったからだ。2倍、2倍、2%。異次元緩和を打ち出したときのキャッチコピーならぬ、キャッチナンバーだ。だから、これは神の数字なのだ。

でも、もういいんじゃないか。誰も、「死んでも2%にしろ」と言っているわけではない。日銀の近年最高のエコノミストだった、早川英男氏も「2%になったら、国債市場の終わりが始まる。それまでが勝負だ」と言っている。だから、ずっと2%にならずに、1.5%で安定しているのがいいのではないか?

謎解きとしては、これが答えだ。

2%に固執すると思わせて、実は、1.5%の安定を愉しむ。この間に、日本の構造改革を進めさせ、潜在成長率を上げさせる。時間稼ぎのワナで、黒田氏は実は2%を達成しようとは思っていないのだ。

次ページ謎解きはできたが・・
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT