「鬼滅の刃」大ヒットの裏に飽きさせない神ワザ

ビジネスにも応用できる「伝わる」力の3要素

『鬼滅の刃』が急速にヒットした理由を解き明かします

人気漫画『鬼滅の刃』の勢いが留まるところを知りません。10月2日に発売された単行本22巻までの総部数は1億部を突破し、驚異的な売れ行きが続いています。10月16日公開の映画も大ヒットが予想されていますし、最終巻23巻が発売される年末に向けて人気はますます加速していくことでしょう。

関心の移ろいが激しいエンタメビジネスにおいて、なぜこんなにもヒットしているのでしょうか。さまざまな理由が考えられますが筆者は、「素早くユーザーの心をつかみ、飽きさせない仕組み」が大きな要因だと考えています。

見開きだけで濃密な物語を描くスピード感

たとえば、ラスボス・鬼舞辻無惨と主人公・竈門炭治郎の直接対決が始まる21巻には、鬼殺隊(主人公が属する集団)最強の男・悲鳴嶼行冥が駆けつけ、鬼舞辻に一撃を加えるエピソードがあります。まるごと1話使って描いても十分見応えがある内容です。しかし、なんと、1つの見開き(書物や雑誌を開いたときに向かい合う左右2ページ)だけで終え、すぐさま次の展開に移るのです。尋常ではない展開の速さです。

それでいて、「あっさりしている」という感じは微塵も受けません。十分、濃密な物語を堪能できます。これは、数多の高度なテクニックが駆使されているからこそ成立しています。

「1話を通して徐々に物語を盛り上げていき、終盤に見せ場を作り、最後は次回への引きにする」のが、これまでの週刊漫画誌が作ってきた漫画の定型でした。『鬼滅の刃』はこの漫画の定型を押さえつつ、1話の中に何度も見せ場を盛り込み、これまでにないスピード感と濃密なストーリー展開を両立させています。

定型の枠に収まらない「漫画の進化形」とも呼べるこのストーリー展開に、ヒットの秘訣が隠されているのです。

次ページ『鬼滅の刃』はこれまでの漫画と何が違うのか
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT