手芸に夢中になるシニア男性が増えているワケ

ハンドメイド作品販売アプリもブームを後押し

コロナ禍で家で気軽にできる手芸がブームとなっている。その後押しをしているのが実はシニア層の男性だった(写真:AndreyCherkasov/iStock) 
コロナ禍のため自宅で過ごす時間が増え、編み物や刺しゅうなど手芸がブームとなっている。牽引するのは、シニア男子。編み物を筆頭に、いろいろな手芸に夢中になる人が増えている。

コロナ禍でシニアの男性を中心に手芸ブームが到来

刺しゅうピアス、マスクケースにマスクを華やかに飾るマスクチャーム、エコバッグ──。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

手芸専門のアプリでは、新しい作品が数分ごとに出品され続ける。

「2月からのコロナ禍で過去にないほど活気づいています。協会に所属するミシンメーカーも在庫切れが続いている、と悲鳴を上げています」

そう話すのは、日本ホビー協会の荒木武美智専務理事だ。専務理事によれば、編み物を含む手芸業界全体の市場規模は約830億円。縮小傾向にあったが、ここにきて盛り返している。

アプリの存在も大きい。日本手芸協会代表の平林理恵さんは、minneやCreemaなど、ハンドメイド作品を販売できるアプリの盛り上がりと連動して広がったのが、この手芸ブームだとみる。主婦などがビジネスにつながる場を得た意味は大きいと分析する。

刺しゅう人気も続く。夏に発売された『はじめての立体刺しゅう』(アシェット・コレクションズ・ジャパン)も好調だ。

「作家さんの著作権に抵触するのでお断りしますが、本に掲載された図案を取り入れた手芸品をフリマサイトなどで売ってもよいか、との問い合わせは増えました」(編集長の鈴木幾久美さん)

刺しゅうブームの後押しとなったのは2016年に放送されたNHK連続テレビ小説だ。老舗アパレルメーカー、ファミリアの創業者をモデルにした「べっぴんさん」には、刺しゅうの作品が登場する。この波に乗ったのが、デアゴスティーニ・ジャパン社の『かわいい刺しゅう』(隔週刊誌)シリーズ。動画による詳しい解説が人気だ。担当編集者の加藤美香子さんは、モダンな意匠やスター作家がどんどん生まれていると話す。

次ページ日本の刺しゅうが世界から注目される理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT