中国「ネットユーザー数」が9億4000万人に迫る

コロナ禍でオンライン教育が爆発的に普及

中国のネットユーザー数は総人口の7割に近づいている。グラフはCNNICの公表資料より

中国インターネット情報センター(CNNIC)は9月29日、第46回「中国インターネット発展状況統計報告」を発表した。それによれば、中国のネットユーザー数は2020年6月末時点で9億3984万人に達し、3月末に比べて約4%増加した。6月末のネット普及率は67.0%と3月末より2.5ポイント上昇し、総人口の7割に近づきつつある。

CNNICは中国政府の国家インターネット情報弁公室直属の公的機関であり、1997年11月から半年ごとにインターネットの発展状況に関する権威あるデータを発表している。

カテゴリー別では、2020年4~6月期に成長が目立ったのはオンライン教育、オンライン医療、テレワークなどだった。2020年6月末のユーザー数はオンライン教育が3億8100万人、オンライン医療が2億7600万人、テレワークが1億9900万人に達した。

ライブコマースのユーザーが3億人突破

その直前の1~3月期は新型コロナウイルス流行の影響を受け、オンライン教育のユーザー数が爆発的に増加した。ピークの2020年3月末時点ではユーザー数が4億2300万人を記録。背景には全国の大学、高校、中学校、小学校が春節(中国の旧正月)の休暇明けの授業を予定どおり再開できず、2億6500万人の学生・生徒がオンライン授業にシフトしたことがある。

一方、2020年1~6月期に最も急成長した個人向けのネットサービスはライブコマース(訳注:生中継のネット動画による実演販売)だった。6月末のユーザー数は3億900万人と、3月末に比べて16.7%増加。ライブコマースの大流行はモバイル決済の成長の追い風となり、6月末のインターネット決済のユーザー数は8億500万人に達した。

本記事は「財新」の提供記事です

ショート動画を含むネット動画のユーザー数は、6月末時点で8億8800万人だった。CNNICの報告書は、ショート動画アプリが今やニュース配信の新たなメディアとなり、電子商取引(EC)の分野でも欠かせない機能になったと分析している。さらに対話アプリもコロナ禍の中で成長を続け、6月末のユーザー数は9億3100万人に上っている。

(財新記者:劉沛林)
※原文の配信は9月30日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT