KDDIがJCOM買収で2度目の誤算、住友商事がTOB実施で争奪戦に

拡大
縮小


 M&Aを重ね拡大してきたJCOMだが、各地域の主要なCATV会社買収はほぼ終えた。一方、NTTが地デジ視聴を組み合わせた通信サービスで攻め込んでいる。国内の有料放送市場は頭打ちで、業界では同社の成長性を疑問視する声もある。

企業価値を高く評価し、巨費を投じる点では一致する両者。具体的な方針について大株主の思惑がかみ合わなければ、JCOM自身の経営に支障を来すおそれもある。それでは元も子もない。

■ジュピターテレコムの業績予想、会社概要はこちら


■KDDIの業績予想、会社概要はこちら

■住友商事の業績予想、会社概要はこちら

(桑原幸作 撮影:今祥雄 =週刊東洋経済)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT