「不採用の連絡」を乗り越える気持ちの持ち方

「人生の成功」とは一体誰が決める事なのか

子どもたちのためにも自分を好きになり、生き生きとした人生を歩みたいけれど……(写真:Graphs/PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

週2回の飲食店でバイトをしている主婦です。
主人から収入を上げろとの命令が出て、仕事を探しているのですが、学歴がなく、本日1つの面接先より不採用の電話がありました。
まだ1つ目なのですが、自分に自信もなく学歴もなく、仕事もできているという自信も持てずにいるので、今面接の応募をしているところがすべて不採用となる感じがして、つらいです。
どうしたら自分を好きになれますか?
子どもが3人おり、その子たちのためにも、もっと自分を好きになって、生き生きした人生を歩みたいです。
主婦 岡田

「1つの側面=人生すべての評価」ではない

評価というものは他人や周りが決めるものかもしれませんが、人生において成功しているか否かを決めるのは自分自身です。

この連載の記事一覧はこちら

また、人生を構成するのは仕事だけではなく、家族や友人との関係やそこでの役割などの面であったり、趣味の時間であったりと、非常に多岐にわたります。そういったすべてにおいて完璧を求めてはいけませんし、すべての面で完璧な人なんて存在しません。

そういった意味でも、仕事という人生における1つの側面だけで自分の人生の成功や失敗を判断したり、自分自身に対する評価を下げる必要はまったくありません。

仕事における成功や失敗がイコールご自身の人生すべてにおける失敗では決してないのです。

職場における評価や不採用になったなど、自分が評価されなかった事がつらい気持ちはわかりますが、そういった人生を構成するたった1つの側面だけでご自身の全人格や人生における成功や失敗はそもそも判断できないはずです。

仕事というのは人生の一面でしかありませんし、そこでの成功や失敗が個々人の人生の評価全体とイコールなわけがありません。

人間誰しも生きているだけで価値があるのです。そしてその価値をいちばん大事にして、感謝すべきなのはご自分自身です。

ですから、自分が自分に対するいちばんの応援団であるべきですし、誰かに評価されなかったとしても、自分が自分を評価している限り前に進むことができるのです。

次ページ自分を好きになるきっかけは自分の中にある
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT