最新「CSR高成長ランキング」トップ50

協和エクシオ連続首位、2位伊藤園、3位コムシス

3位はコムシスホールディングス(上昇率7.70 %)。11年372位、12年331位、13年193位、14年152位と着実に順位を上げている。14年の各得点は人材活用65.8点、環境81.2点、企業統治+社会性92.8点、財務237.5点。伊藤園同様、人材活用の向上が翌年以降の課題となりそうだ。

以下、4位ミサワホーム(6.83%)、5位栗田工業(5.70%)、6位アズビル(4.64%)、7位ダイフク(4.60%)、8位日立国際電気(4.59%)と続く。

「大手でも成長する」CSR投資の魅力

着実に上昇を続ける大企業も多い。22位NTTドコモ(3.11%)は今回のCSR企業ランキング総合1位。11年25位、12年9位、13年3位、14年1位と着実に順位を上げてきた。25位のアイシン精機(2.89%)も11年43位、12年26位、13年14位、14年9位と同様だ。

他にも26位ニコン(2.88%)、27位クラレ(2.83%)、28位日産自動車(同2.75%)なども10年時点ですでに100位以内にあるにもかかわらず、毎年着実に順位を上げている。こうした大手の成長企業も多くありそうだ。

財務が好調でCSRも成長していく企業は、株式投資などでも有望と考えられる。CSRの成長性を適切に測ることができれば、社会から信頼され、さらにリターンも高い銘柄を集めたファンドが作れるだろう。こうした優良企業を見つけるための参考データとして、高成長ランキングは大いに活用できそうだ。

■CSR企業総覧

企業評価の新たな視座として浸透してきたCSR(企業の社会的責任)。上場企業をはじめ有力1210社におけるCSRの取り組みを、国内最大規模のデータベースから各企業個別に紹介した、日本で唯一の刊行物。

紙版はこちら       データ版はこちら 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。