最新「CSR高成長ランキング」トップ50 協和エクシオ連続首位、2位伊藤園、3位コムシス

✎ 1〜 ✎ 24 ✎ 25 ✎ 26 ✎ 最新
印刷
A
A

1位は3年連続で協和エクシオ。上昇率は9.46 %だった。電気通信工事を行う同社は総合ランキングが11年374位、12年153位、13年120位と急上昇し、14年は98位と100位入り。CSR得点の平均上昇率は21.60%で財務得点上昇率0.54%とあわせて高い成長となった。

昨年の得点と比べると、人材活用で78.5点→81.6点、環境74.0点→89.9点、企業統治+社会性86.4点→91.5点、財務229.6点→235.5点とすべてアップ。特に環境の15.9点の伸びが目立つ。業種別ランキングも7位(水産・農林業/鉱業/建設業)と昨年9位から上昇。CSRで業界を代表する企業となりつつある。

伊藤園は人材活用に課題と伸びしろあり

2位は伊藤園(上昇率7.85%)。11年381位、12年293位、13年152位、今年150位と順調に順位を上げてきた。14年の各得点は人材活用67.1点、環境87.0点、企業統治+社会性90.2点、財務233.2点と、人材活用の分野では、さらに伸びる余地がありそうだ。

ISO26000に即した7項目について、KPI(重要業績評価指標)を設定。CSRの重点テーマとして「環境」、「消費者」、「コミュニティ」を設定し、環境、企業統治+社会性の分野は高い水準にある。人材活用を他項目のように伸ばすことができれば、2015年以降は、さらに高評価になりそうだ。

次ページ総合トップ企業も成長企業でランクイン
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT