「初期デート」「お見合い」で嫌われる絶対NG話題 「アッチの方が弱くなっちゃって」と言い出す男

✎ 1〜 ✎ 92 ✎ 93 ✎ 94 ✎ 最新
拡大
縮小

「今入っている相談所の仲人はご近所さんで、昔からの知り合いなんです。この間一緒に検索サイトを見ていたとき、『この女性、いいじゃない?』と勧められて、ノリで申し込みボタンを押しちゃったんですよ」

“ノリで”というのはポロリと出てしまった言葉で、勉に悪気はなかったのだろう。しかし、江津子は、自分が軽く見られている印象を拭えなかった。

「今はサイトでいくらでもお相手を検索して選べる時代だし、1人ひとりを吟味して“この人なら”とお申し込みをかけている人は少ないと思います。でも、『ノリで申し込んだ』と言われて、心底がっかりしました」

現状で言うと、サイトから20〜30件の申し込みをかけて、受諾をされるのは1〜3件くらいの割合が通例だ。しかし、見合いした相手に、「ノリで申し込んだ」「ダメ元で申し込んだ」は、禁句である。

「勉さんは、国家資格のある専門職だし、ご自身の仕事にもっと自信を持てばいいのに。あと、ノリで申し込んで、お見合いした相手に、『大卒はすごいですね』を連発するなら、例えノリでも、大卒じゃない女性に申し込めばよかったですよね」

これは、学歴だけではない。年収においても、「自分は稼ぎが悪いから」と見合いの席で連発する男性がいるのだが、年収はプロフィールに記載されている。それでもいいと思っているから、女性はお見合いしているのだ。

日本では、謙虚であることが美徳とされている。ただ謙虚と卑下は違う。謙虚は自信に裏打ちされたうえで自分を謙る言動だ。しかし、卑下は、自分の自信のなさを単に露呈していることにつながる。

また、「私は、自分のことが好きではありません。どちらかと言えば嫌いです」と言う人もいるのだが、自分の存在を否定している人を魅力的に感じる異性は、まずいない。

自慢話が多いのも鼻につくが、卑下したり自己否定したりすることは、お見合いの席ではマイナスだということを覚えておいてほしい。

「アッチのほうが弱くなっちゃって」

お見合いは、一生の伴侶を探すための出会い。会社の同僚や知り合いを集めて開催する飲み会や合コンとは類いが違う。

仲間うちの飲み会や合コンなら、多少の下ネタは笑って許されるが、お見合いの席で品位を下げては相手に嫌悪感を与える。

正太郎(49歳、仮名)とお見合いを終えた円香(42歳、仮名)が、「今回は、お断りでお願いします」と、即効で連絡を入れてきた。お断りの理由は、こうだった。

「私の髪を、『艶があってキレイですね』と言ってくださったんです。そこから髪の毛の話になりました。彼が、『昨日、理容室に行ってきました』とおっしゃるので、『お似合いですよ』と褒め返したんですね」

すると……。

「まあ、この髪は、自前なんですけどね。ハゲって遺伝すると言うじゃないですか。親父がツルツルなんですよ。そうなったら大変だと思って、今ハゲをとめる薬を飲んでいるんです。で、このとおりフサフサなんですが、その薬のせいかアッチのほうが弱くなっちゃってね。ワッハッハ〜」

次ページさらに畳みかけるように…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT