「初期デート」「お見合い」で嫌われる絶対NG話題 「アッチの方が弱くなっちゃって」と言い出す男

✎ 1〜 ✎ 92 ✎ 93 ✎ 94 ✎ 最新
拡大
縮小

お見合い場所は、一流ホテルのラウンジ。円香は、隣で会話している客や横を通っていくウェーターに聞こえないか、ドキドキしたそうだ。目の前の相手をそんな気持ちにさせているとは露知らず、さらにこう畳みかけた。

「実は、親父は糖尿でもあって、そっちの遺伝も心配なんです。糖尿になると、さらにアッチがダメになるって言うじゃないですか。それで今食事には、ものすごく気を遣っているんですよ」

気のおけない男同士の飲み会だったら、盛り上がるネタかもしれない。40代になったら、毛髪や健康状態は誰もが心配になることだ。ましてや婚活をしている男性ならなおさら気になるところだろう。

ただ覚えておいてほしいのは、出会ったばかりの女性の気持ちをつかみたいと思うなら、下ネタや病気ネタは厳禁。誠実な中にも、ロマンチックな会話を心がけることが大事だ。

「毎晩でもいいと思っているんです」

またもや下ネタで失敗した男性のお話。しかし、彼は笑いを取ろうとしたのではなく、大まじめだったのだから、かえって始末が悪い。

1カ月ほど前に慎一(39歳、仮名)がお見合いをして交際に入り、3回目のデートを終えた里美(39歳、仮名)が、ゲンナリした顔で言った。

「慎一さんとの交際は、終了したいと思います。社会的に立派なお仕事をしているし、年収もしっかりしている。条件は申し分ないのですが、これまで待ち合わせの時間やデート場所の指定がすべて自分中心で、私の都合をまったく聞こうとしませんでした」

さらに3回目のデートのイタリアンレストランで、こんなことを言ったそうだ。

「里美さんは、結婚生活に何をいちばん重視しますか?」

急にふられた質問に何と答えようか迷っていると、慎一が先に口を開いた。

「僕は、夜の夫婦生活を重要視します。毎晩でもいいと思っています。その相性というのは、とても大事だと思うので、結婚を決める前にどこかに旅行に行きませんか?」

まだ手もつないでいない関係なのに、「この人は何を言い出すのだろう」と、里美は目を白黒させてしまった。

「体の相性が大事なのは、私にもわかりますよ。ただ私が再婚で、彼は初婚。3回目のデートでこんなことを言い出すのは、私が再婚だから下に見ているのでしょうか? すぐにそういうことができると思っているのでしょうか?」 

実は結婚相談所には、“男女の関係になったら成婚とみなす”という規約がある。なので、婚約をしないうちに男女の関係になることは、違反事項だ。なぜそんな取り決めがされているかと言えば、そこをウヤムヤにすると結婚への真剣な出会いの場が、ヤリモクたちの遊び場になってしまうからだ。

次ページ難しい男女の性的問題
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT