「初期デート」「お見合い」で嫌われる絶対NG話題 「アッチの方が弱くなっちゃって」と言い出す男

✎ 1〜 ✎ 92 ✎ 93 ✎ 94 ✎ 最新
拡大
縮小

ただそこには、問題もはらんでいる。

男女の関係にはならずに成婚退会をして、その後2人で旅行に行ったが、どちらかが性的関係を持つことを嫌がる事例も起きている。そういうことには興味がない人もまれにいるのだ。そういうカップルは、成婚退会したものの、婚約破棄となってしまう。

大人の男女なので、成婚退会前にそうした関係になるのは自己責任なのだが、その話題を持ち出すのは、結婚を前提にした真剣交際に入ってからが適当だ。おそらく慎一は女性とそうした経験がなく、どこかから仕入れた知識で頭でっかちになり、それを早々と里美に告げたのだろう。

里美が再婚だから下に見たというよりも、経験のない自分に焦りを感じたから口にした言葉ではないか。ただ相手が初婚だろうが、再婚だろうが、まだ手もつないでいないうちから、その話題を出されたら女性の気持ちはドン引きしてしまう。さらに嫌悪感も抱く。

相性も確かめずに、結婚していいのか

男女の関係の話題については、お互いを思い合う気持ちが出来上がっていれば、ちゃんと話し合えるし、そこを心配する相手をいとおしいと思えるものだ。

こんな事例もあった。陽子(36歳、仮名)は、晋作(37歳、仮名)と真剣交際に入って、2カ月が経った。

晋作は、これまで自然な出会いで女性と付き合った経験がなく、女性と1対1で食事をしたりデートをしたりするのは、結婚相談所で婚活するようになり初めてのことだった。

すでに2年間活動していたが、お見合い後にお付き合いに入っても、1、2度食事をするとお断りされていて、真剣交際に入ったのは、陽子が初めてのことだった。

“この関係を大切にしたい”という気持ちが強いからこそ不安も大きく、事あるごとに高校の同級生のバツ2の友達に相談を持ちかけていた。

あるとき、友達が言ったそうだ。

「お前、アッチの相性は大丈夫なのか?」

まだ男女の関係にはなっていないことを告げると、彼が続けた。

「えっ、まだやってないの? それなのに結婚を決めて大丈夫なのか? 相性が合わなかったら、どうするんだよ」

その言葉にバカ正直な晋作は、急に不安になった。そして、地元の友達に言われたことをそのまま陽子に告げ、「相性を確かめたほうがいいのではないか」と提案してきた。

陽子は、笑いながらそのことを私に報告してきた。

「もう本当にウブというか。相手が私じゃなかったら、交際終了にされていますよ」

陽子はそんなバカ正直な晋作も、受け入れていた。いとおしいと感じていた。

つまり男女の会話というのは、お互いの間で信頼関係が出来上がっているか否かで、その内容が受け入れられるかどうかが決まるのだ。ハゲの薬の話も、20年寄り添った夫婦なら、笑い話になる。

お見合いの席やお付き合いが始まったばかりの頃は、まずは2人の関係性を築き、信頼を得ていくことをまずは心がけてほしい。ただ恋愛経験のない人、または少ない人は、こうした失敗を繰り返していきながら学んでいくのかもしれないが。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT