「脱・サラ金」に照準、プロミスの正念場


一気に進める構造改革 変容を問われる10年度

苛烈な施策は10年度から本格的に実行する。ただ、貸金業法の完全施行に伴い収益力の低下が避けられない。

過払い利息返還も絶えない中で、店舗除却や希望退職に伴うリストラ費用がかさむ。いきおい10年度は大幅な赤字転落も否定できない。会社に残った社員らに動揺が走ることも予想される。

「つらい改革ほど、じっくりやってはいけない。職場のモチベーションが落ちる。一気にやるしかない。そのためには、トップと現場の認識格差をいかに縮めるかだ」(久保社長)。就任から100日間が勝負といわれるが、来る10年度こそ、営業現場で語り続ける「勝負の365日」となる。

■プロミスの業績予想、会社概要はこちら

(浪川攻 撮影:尾形文繁、今井康一 =週刊東洋経済2010年2月13日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。