カバはなぜ、「口の大きさ」競い合いたがるのか

知能を活用する哺乳類ならではの高度なルール

ほかの例もあります。世界で最も大きなシカであるヘラジカは、とても立派なツノを持っています。シカのツノは戦うための武器ですが、ヘラジカのツノは大きすぎて、武器にするには使いにくいくらいです。

ヘラジカの世界ではツノの大きさが勝敗の決め手です(写真:Matt Dirksen/iStock)

もうおわかりかもしれませんが、ヘラジカの世界には、実際にツノを使って傷つけ合うことはせず、ツノの大きさで勝敗を決めるルールがあります。ツノが大きければ、もうそれで勝ちなのです。同じぐらいの大きさのツノの場合は、少しツノを突き合わせるくらいのことはありますが、それでも、本気で戦うようなことはありません。

オオカミやライオンなどのオスも、ときに激しく戦い合いますが、殺し合うまで戦うことはほとんどありません。どちらかが降参するか、逃げるかすれば勝負はおしまいです。生き抜いていくために、このような高度なルールを発達させたのです。

オスは「ルールを教える」存在

戦わずに勝敗を決める。こんな高度なルール作りは、知能が得意とするところです。しかし、こうしたルールは、体験から学ぶということはなかなかできません。「激しく戦い合えば、死んでしまう」「みんなで戦い合えば群れが滅んでしまう」ということを体験から覚えるとしたら、払う犠牲があまりにも大きすぎます。そのため、そのルールは、誰かが子どもたちに教え伝える必要があります。

哺乳動物では、そのルールを教える存在こそが、オスの役割なのです。メスは体の中で胎児を保護し、母乳で子どもを育てるという大切な役割があります。そして、オスがルールを教えていくという役割分担をしているのです。

哺乳動物の中には、オスが子育てに参加しないものもたくさんありますが、群れを作って暮らす動物のようにルールが必要な動物にとっては、オスの役割が重要なのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT