五輪延期で東京ビッグサイト「利用休止」の波紋

頼みの展示会取りやめで悲鳴をあげる中小企業

営業の場を失った展示会主催社や出展社などは6月、ビックサイトを所有・運営する「株式会社東京ビッグサイト」の株式75.8%を実質的に保有する東京都に嘆願書を提出。貸し出し休止延長の穴埋めとして、東展示棟と同規模の仮設展示場の建設を求めた。

石積会長は「営業や広告に投資できない中小企業にとって、展示会は貴重な商談の場だ」と訴える(記者撮影)

嘆願書の発起人代表を務める、展示会主催会社大手のリードエグジビションジャパンの石積忠夫名誉会長は、「東京五輪が開催されていれば、今年の12月からは予定通り使用できるはずだった。すでに昨年から展示会スケジュールが組まれており、2000社以上と出展契約を結んでいる」と貸し出し休止延長に危機感を募らせる。

「展示会は毎年決まった時期に開催する。開催スケジュールから逆算してそれに間に合うよう新商品を開発する企業も多く、毎年開催することに意義がある」と石積会長。嘆願書には出展社をはじめ572社、3500人の署名を集めたが、東京都からは前向きな回答は得られなかったという。

展示会休止で売り上げは9割減

不安を募らせるのは、出展企業や主催者だけではない。都内で装飾や仮設ブースの施工を手がける東京造形美術の石森隆太郎社長は、「2020年3~8月の売り上げは前年同期比でマイナス95%だった」と肩を落とす。同社の受注は9割が展示会関連を占め、うち7割はビッグサイトで開催される。

「東棟の貸し出し休止(期間)が延長されれば、売り上げの過半を失う。これまで積み上げてきた売り上げが、この半年間ですべて消えた。仮設業界は体力の乏しい中小企業が大半で、廃業を決めた同業他社もいる」(石森社長)。

ほかにも警備会社や派遣会社、弁当会社など、展示会関連の事業を行ってきたさまざまな企業が影響を受けている。

次ページ仮設の青海展示棟を建設するが…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT