益子直美が語る「バレーボール界の暴力」の現実 大山加奈さんと考える「熱血指導と主体性」

拡大
縮小

益子:そうだよね。当時、私は引退していてスポーツキャスターとして加奈ちゃんたちを取材したけれど、ほかの高校と空気感がまったく違ってた。「やらされている感」がまったくなくて。

大山 加奈(おおやま かな)● 元バレーボール全日本代表選手、スポーツキャスター、バレーボール教室講師。
小学校2年生からバレーボールを始め、小中高全ての年代で全国制覇を経験。高校卒業後は東レ・アローズ女子バレーボール部に入部した。 日本代表には高校在学中の2001年に初選出され、オリンピック・世界選手権・ワールドカップと三大大会すべての試合に出場。 力強いスパイクを武器に「パワフルカナ」の愛称で親しまれ、日本を代表するプレーヤーとして活躍した。 2010年6月に現役を引退し、現在は全国での講演活動やバレーボール教室、解説、メディア出演など多方面で活躍しながら、スポーツ界やバレーボール界の発展に力を注ぐ。

大山:私はキャプテンとして仲間に厳しいことを言わなきゃいけなかったりしたので、いろいろと難しかったですね。誰から見ても「チームでいちばんあの人は頑張ってるって思ってもらわなきゃいけない」と思って苦しかった。

益子:それなのに、周囲は「成徳は(顧問が)すごく甘い」って思われていたよね。「成徳に勝たせるものか」っていう雰囲気があった。

大山:みんな甘い甘いって言うけど、甘くないよ!って思ってました(笑)。皆さんが思っている「甘さ」って、休みがいっぱいあることや、怒られないこと。携帯を持っていてもよかったし、いろんなことが選手に任されていて自由でした。だから、成徳は甘いから勝てない、あんな甘いチームが勝てるわけないと言われていました。

益子:だから余計に燃えたよね。それで全国制覇しちゃった。

大山:もう絶対、(顧問の)小川(良樹)先生を勝たせてあげたい、やってやるって思ってましたね(笑)。

支配された指導法からいきなり解放されると…

――小川先生が怒らないのは自主性を引き出したいからで、休みが多いのはきちんとコンディションを整えているからですよね? 科学的な根拠にのっとって指導されていますね。益子さんはどう思いますか?

益子:いや、もう、私と加奈ちゃんとはある意味、正反対の経験をしていますね。私は中学高校で支配されるような、そんな指導方法を受けてきたんです。ところが、実業団のイトーヨーカドーに入ったら、いきなり自主性とか主体性が大切だとか、バレーを楽しめって言われるわけですよ。

大山:ああ、本当ですね。私と道のりが逆かも。

益子:トレーナーの永田さんっていうアメリカで活動されていた方がイトーヨーカドーに入ってきて。そのあたりからガラリと変わったんです。例えば、メンタルトレーニングを始めたり、練習休みなんか月に半日か1日あればいいぐらいだったのが、3勤1休、4勤半休ぐらいになった。

でも、自主性とか主体性とか、そういう、やったことがないので、自分でどうやってモチベーションを上げればいいのかとか、自分が何を目標に、そこまでたどり着くためにどうやって設計していくかとか、そういうことがまったくわからなかった。

大山:高校を卒業してから、初めて自由になったみたいな。

益子:そう。初めて。学生時代までは答えを100%与えられて、やれと言われたことをこなしてたから、もう、めちゃくちゃきついわけ。「益子はもっとバレー楽しめ」って言われても、「楽しむって何? この間まで練習中に歯を見せただけで怒られたのに、どういうこと?」ってわからなくて。

大山:混乱したんですね。

益子:そう。めちゃくちゃ苦労した。でも、もう時遅し、だったね。なかなか昭和の考えが抜けないまま、バレーを楽しめないまま引退した感じ。

次ページ自分で考えることをしないまま大人になってしまった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT