車椅子で有名に?「誹謗中傷から心を守る」秘訣

猪狩ともか「言葉の力で、悪口・批判に強くなる」

猪狩ともかさんが誹謗中傷から心を守るために大事にしている2つの言葉とは何でしょうか(撮影:西邑泰和)
東京都より「パラ応援大使」に任命され、「東京2020パラリンピックの成功とバリアフリー推進に向けた懇談会」メンバーでもある、「仮面女子」のアイドル、猪狩ともか。
彼女は26歳のある日、強風で倒れてきた看板の下敷きになり、脊髄損傷を負って、以後、下半身不随に。歩くことはもちろん、自力で立つことさえできなくなった。
絶対安静の状態からリハビリを経て、車椅子に乗りながらアイドル復帰を果たし、現在は、NHK Eテレ『パラマニア』にレギュラー出演するなど、活動の場を広げている。
初の著書『100%の前向き思考――生きていたら何だってできる! 一歩ずつ前に進むための55の言葉』が『スイモクチャンネル』(BS-TBS、8月20日放送)や『大竹まこと ゴールデンラジオ!』(文化放送、8月21日放送)でも紹介され、反響を呼んでいる猪狩ともかさんに、「誹謗中傷から心を守る方法」について解説してもらう。

心ないことを言われることは、やはりある

皆さんの中には、事故で私のことを初めて知ってくださった方も多いと思います。

『100%の前向き思考――生きていたら何だってできる! 一歩ずつ前に進むための55の言葉』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

これまで地下アイドルとして「知る人ぞ知る」的な存在だった私ですが、事故に遭ってからは、世の中に名前が知られるようになり、「車椅子のアイドル」としてテレビに出演したり、イベントに呼ばれたりするなど、メディアにも広く露出するようになりました。

そんななか、名前が知られるようになった分、私を批判する声、非難する声があるのも事実です。

「事故に遭わなかったら有名になっていなかった人だよね」

「車椅子であることを利用して名前を売っている」

あるいは所属事務所に対して、「(車椅子の私を)見世物にしている」という非難もあります。

人前に出ることを自ら選んでいるのだから、心ないことを言われるのも、ある程度は仕方がないと思っています。

そんな批判や悪口を言われたとき、私がいつも心の支えにしている「2つの言葉」があります。

次ページ「心が強くなる言葉」は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT