「部活クラスター」と大騒ぎの人々に映る深い闇

誰が感染してもおかしくないのに責めてどうする

その他にも、国が経済回復策として「Go Toトラベル」を推奨していること。それ以前に、コロナ禍においても人の行動に制限をかけることは難しく、学生の世代はなお困難であること。どんなに感染対策をしている人でも、自分が感染したり、誰かを感染させたりする可能性をゼロにはできないこと。どう考えても、「学校や部の感染対策が甘かった」というだけで断罪していい理由にはならないのです。

サッカー・本田圭佑の熱い言葉

元サッカー日本代表で現在はブラジルのボタフォゴでプレーする本田圭佑選手は自身のツイッターに、「立正大淞南高校、及びサッカー部の皆さん、コロナ感染に関して謝罪する必要なんてないよ。対策してても感染する確率を0にはできんから。それより熱とか体は大丈夫?今はしっかり食べて休んでな。また治ったら夢に向かって頑張れ。非難してる人だけでなく、心配してる人も沢山いることを忘れんといて」とつづりました。

誰かを責めるのではなく、心身を気づかうという姿勢を見せていたのです。もともと「利害関係の薄い人を責める」という行為は、不安や恐れの表れにほかなりません。「いつどこで感染するかわからない」という不安や恐れは理解できますが、その「ネガティブな気持ちを誰かにぶつけていい」というわけではないでしょう。

画像をクリックすると政治、経済、企業、教育、また個人はどう乗り切っていけばいいか、それぞれの「コロナ後」を追った記事の一覧にジャンプします

感染者や関係者を責める世の中では、「感染を隠したい」という気持ちが芽生えたり、「自分は多分感染していない」と思い込んだりなどして、重症化や感染拡大につながりかねません。新型コロナウイルスに感染した人も、仕事や生活にダメージを受けている人も、そうでない人がそろそろ気づかえるような世の中にならなければ、ますます生きづらい日々になっていくでしょう。

よほどの悪意のある人を除き、もう新型コロナウイルス関連で誰かを責めるのは、やめるべきタイミングなのかもしれません。今、誰かに批判の声をあげている人も、「以前より自分が感染しても不思議ではない状況になっている」ことに気づいているのではないでしょうか。そんなフェーズに入っているからこそ、エキセントリックに誰かを責めるのか、それとも気づかえるのか。1人ひとりの人間性が問われているのです。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT