美筋女王、直伝「お腹がぐんと凹む家トレ」3秘訣

1日10分「ゆる筋トレ」で太らない体に!

2つ目は、「全身のダイエット」に効果的なトレーニングです。「タオル1本」で場所を取らず、手軽にできるのでおすすめです。

全身の血流アップ!「オーバーヘッド相撲スクワット」

相撲で試合を始める前にお互いが土俵際でしゃがむ「蹲踞(そんきょ)」の姿勢で行うスクワットです。

タオルを持って両手を上げた状態で行うので、肩周り、肩甲骨周りの柔軟性があがり、猫背や前肩なども改善されてきます。PCやスマホなどで、肩が固まりやすい方にもおすすめです。

全身の血流がよくなるのがわかります。シンプルですが、これが全身のダイエットに絶大な効果があるのです。

まず「成長ホルモン」の分泌を促し、代謝がアップします。成長ホルモンにはタンパク質を合成して筋肉をつけたり、体脂肪を燃焼させ、蓄積を抑えたりする働きがあります。

また、大きな力を出すアウターマッスルだけでなく、内臓を支える「腸腰筋」というインナーマッスルも鍛えられ、ポッコリお腹が解消されます。

さらに、股関節、骨盤、背骨など、全身の軸を整え、姿勢を美しくし、血行を促進。むくみを取り、腸の働きを整えます。

【2】「オーバーヘッド相撲スクワット」のやり方
① フェイスタオルの両端を持って腕をまっすぐ上に伸ばす。足を肩幅に広げて立ち、かかとはつけたまま、つま先を60度くらい外へ向けて「ハ」の字に開く。

② お尻は、いすに座るように後ろへ引きながら骨盤を下にゆっくり丁寧に下ろしていきます(股関節をしっかり動かすように)。上体は起こしたまま、タオルは、頭上からまっすぐ前に出ないように、軸を安定させます。


③ そのままゆっくり立ち上がる。

(イラスト:内山弘隆)

これを10回繰り返します。

次ページいちばん気になる「お腹まわりの脂肪」を撃退!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT