ボルボ「XC60 B5」乗って確かめた燃費と走り

マイルドハイブリッド化で燃費は向上したのか

試乗した「XC60 B5 AWD Inscription」(筆者撮影)

ボルボの主力モデルであるSUVの「XC60」に、電動化されたパワートレーンが加わった。

「B5」を名乗る追加グレードは、エンジンスターターの代わりにISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール)を搭載し、48V系のリチウムイオンバッテリー(0.5kWh)を組み合わせることで電動化が図られた。「マイルドハイブリッドシステム」とも呼ばれるこの電動化システムは、改良型の直列4気筒2.0リッターターボエンジンと組み合わされる。

気筒休止機構や電動制御式ブレーキを採用

これまでも2.0リッターターボエンジンは、ボルボの基幹パワートレーンとしてほぼ全モデルに搭載されてきた。しかし、B5に搭載される改良型2.0リッターターボエンジンは、主力部品を変更していることから、事実上の新型エンジンだ。

電動化による制御の変更/ピストン・シリンダー・シリンダーヘッド・シリンダーブロックの変更/ターボチャージャーの変更/排気システムの変更/エンジンマウントの変更など、部品の約90%を一新(エンジン型式はB420からB420T2に変更)。加えて、8速ATのギア比も全面的に見直されている。

「XC60 B5」のエンジンルーム(筆者撮影)

また、改良型には車両負荷や走行状況に応じて4気筒のうち2気筒に対して燃料噴射を停止させる気筒休止機構も盛り込み、巡航時の燃費数値向上を狙う。今回の試乗では、高速道路での80㎞/h巡航時に、気筒休止による燃費数値の向上効果が大きかった。

さらに、電動化に伴う回生ブレーキでの効率を高めるため、一般的な油圧式ブレーキから、ブレーキバイワイヤシステムを用いた電動制御式ブレーキへの構造変更を受けている。このブレーキバイワイヤシステムは、「TWIN ENGINE」と呼ばれるボルボのPHEVモデルがすでに採用しているものと同機構だ。併せて、トランスミッションのシフト方式もボルボのPHEVやXC40などが採用する、シフトバイワイヤシステムへ変更された。

ところで2017年に世界に駆け巡った、「内燃機関のみを搭載した車両を段階的に廃止する」というニュースは記憶に新しいのではないか。

次ページ内燃機関廃止に対する自動車メーカーの答えは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT