ボルボ「XC60 B5」乗って確かめた燃費と走り

マイルドハイブリッド化で燃費は向上したのか

試乗した「XC60 B5 AWD Inscription」(筆者撮影)

ボルボの主力モデルであるSUVの「XC60」に、電動化されたパワートレーンが加わった。

「B5」を名乗る追加グレードは、エンジンスターターの代わりにISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール)を搭載し、48V系のリチウムイオンバッテリー(0.5kWh)を組み合わせることで電動化が図られた。「マイルドハイブリッドシステム」とも呼ばれるこの電動化システムは、改良型の直列4気筒2.0リッターターボエンジンと組み合わされる。

気筒休止機構や電動制御式ブレーキを採用

これまでも2.0リッターターボエンジンは、ボルボの基幹パワートレーンとしてほぼ全モデルに搭載されてきた。しかし、B5に搭載される改良型2.0リッターターボエンジンは、主力部品を変更していることから、事実上の新型エンジンだ。

電動化による制御の変更/ピストン・シリンダー・シリンダーヘッド・シリンダーブロックの変更/ターボチャージャーの変更/排気システムの変更/エンジンマウントの変更など、部品の約90%を一新(エンジン型式はB420からB420T2に変更)。加えて、8速ATのギア比も全面的に見直されている。

「XC60 B5」のエンジンルーム(筆者撮影)

また、改良型には車両負荷や走行状況に応じて4気筒のうち2気筒に対して燃料噴射を停止させる気筒休止機構も盛り込み、巡航時の燃費数値向上を狙う。今回の試乗では、高速道路での80㎞/h巡航時に、気筒休止による燃費数値の向上効果が大きかった。

さらに、電動化に伴う回生ブレーキでの効率を高めるため、一般的な油圧式ブレーキから、ブレーキバイワイヤシステムを用いた電動制御式ブレーキへの構造変更を受けている。このブレーキバイワイヤシステムは、「TWIN ENGINE」と呼ばれるボルボのPHEVモデルがすでに採用しているものと同機構だ。併せて、トランスミッションのシフト方式もボルボのPHEVやXC40などが採用する、シフトバイワイヤシステムへ変更された。

ところで2017年に世界に駆け巡った、「内燃機関のみを搭載した車両を段階的に廃止する」というニュースは記憶に新しいのではないか。

次ページ内燃機関廃止に対する自動車メーカーの答えは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT