ボルボ「XC60 B5」乗って確かめた燃費と走り

マイルドハイブリッド化で燃費は向上したのか

試乗したXC60 B5が搭載する改良型エンジンは250PS/350Nmの出力/トルクを発揮。そこにISGM(13.6PS/40Nm)が加勢する。

真っ先に気になるのが、マイルドハイブリッドシステムによる燃費数値の向上だろう。

XC60 B5のWLTCモード値は11.5km/L。対する従来型は、計測モードが違い良好な数値を記録しやすいJC08モード値で12.6 km/Lだった。比較しやすいようにWLTCに換算すると13.2 km/L(ボルボ広報部による補正目安)になるから、改良型はざっと4.7%の向上した計算になる。しかし、実際の伸びはもう少し大きかった。

174.1kmを走っての平均燃費は13.1km/Lだった(筆者撮影)

筆者が試乗した174.1㎞で記録した値は、一般道路での渋滞路含めて13.1km/L(約80%が高速道路区間。平均車速59km/h)。このうち一般道路の計測区間では12~14km/L程度、高速道路では13~18km/L程度と、いずれも従来型を10~15%程度上回ることが確認できた。

静粛性や発進時の振動も改善

燃費数値以上に劇的に向上したのは、走行性能だ。まず、エンジンの音色がまろやかになり、キャビンへの透過音も明らかに小さくなっている。コストのかかるピストンからシリンダーブロックまでを変更した相乗効果は大きい。

また、従来型で気になっていたブレーキのオートホールド機構(ブレーキペダルを放してもアクセルペダルを踏むまでブレーキが作動し続ける)と、アイドリングストップ機構との連携が洗練され、発進時にキャビンに伝わっていた不快な振動が完全に消え去った。ISGMによるエンジン始動にしても、他のマイルドハイブリッドシステム搭載車と同じくスムーズだ。

もっともISGMはエンジン直結の小さな補助動力源だから、エンジン停止状態での走行はできない。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

しかし、市街地などで多用する1500回転程度までは、その補助効果によってエンジン負荷が大きく減り、従来型以上にスッと車体が前に出る。筆者の体感では、アクセルペダルとクルマが直結しているようで、それが発進から15km/h程度まで持続しているようなイメージを抱けた。

ボルボは2025年までに世界で販売する車両をすべて電動化するという。今回試乗したISGMによる電動化やPHEVで50%、そして残り50%はEV(電気自動車)で、2021年までには5台のEV(3台はボルボ・ブランド、2台がポールスター・ブランド)を発売する計画だ。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT