15歳CEOが日本を変える?

起業始めたデジタル・スーパーキッズたち

学生団体の時期にツイッター上の影響力が測定できる「Cil」などいくつものウェブサービスを開発してきたが、収益に落とし込めてはいない。起業を志す若者を支援するサムライインキュベート社長で、GNEXへ500万円を出資している榊原健太郎さん(39)は、

「三上君は賢くて物おじしないところがいい。30代のオッサンと話している錯覚に陥る(笑)。彼が引っ張っていってほしい」

と期待を寄せる。

一方、親のほうは、カラダ半分社会の荒波にもまれているようなわが子に、ハラハラさせられる。

「やりたい気持ちはわかるけれど、普通に青春を送ってほしいという葛藤がある。少なくとも大学生になっていれば……」

そう話す母・ひろ子さん(44)の胸中は複雑だ。母が0歳から始めた読み聞かせが、息子の思考力や教養の扉を開いた。せがまれて1日10冊読んだこともある。小学校時代はハリー・ポッター、マルクスの『資本論』、スミスの『国富論』と移行。6年生で学校の図書館の本はほぼすべて読破した。本の世界だけではいけない、経験が大事だと、キャンプにも連れ出した。

「社長でも、私にとっては子ども。手を離しても、目と心は離しません」と親心をのぞかせた。

講演やテレビ出演も

椎木里佳さん(16=都内私立高校2年)
父・隆太さん(左)の会社で、人気キャラクターである「鷹の爪団」の吉田くんを囲む椎木さん(撮影:今村拓馬)

一方、AMF代表取締役の椎木里佳さん(16)は、「世界の10代を元気に」をモットーに、Tokyo Teens TVの番組制作や女子高生を対象にしたマーケティングを請け負う。また、メロディーの種類が豊富なスマホアプリ「JKめざまし」も制作。現役女子高生起業家として講演やテレビ出演もこなし、昨年は「新入社員くらいの年収」(椎木さん)を手にした。

父・隆太さん(47)は、「秘密結社 鷹の爪」などの映像コンテンツ制作を行うDLE代表取締役。父娘で社長業を営んでいるが、実績はもちろん父が大きくリード。3月下旬にはアニメ関連企業としては10年ぶりの東証マザーズ上場を果たした。

ソニーを脱サラしベンチャーの世界で成功した父は、早くから負けん気が強いリーダー向きな娘の性格を見抜いた。私大の付属小学校へ入れ毎朝車で送迎。車中で父が行ったのが、毎日娘の夢を尋ねること。

「大きくなったら何になりたいの?」

次ページ事業を収益ベースに乗せた14歳
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT