15歳CEOが日本を変える?

起業始めたデジタル・スーパーキッズたち

自作のアプリに、学習ゲーム、同世代の支援事業まで……。生まれた時から自宅にiMacがあった子どもたちは、デザインもプログラミングも自由自在だ。軽やかに夢を形にしていく彼らはどこへ向かうのだろう。

高校1年生の角南(すなみ)萌さんはこの春休み、東京法務局渋谷出張所でウキウキしていた。15歳以上にならないと交付されない印鑑登録証明書が必要な法人登記を完了し、代表取締役就任。15歳4カ月にしてIT社長になったばかりだ。

資本金50万円は、中高生の起業プログラムを推進するライフイズテック社から支援を受けた。最初の商品は「Sparkwall(スパークウォール)」という中高生の授業共有サービスだ。

「自分に合った楽しく学べる授業を探せる。日本でも総合学習などに役立つと思う」

と角南さんは目を輝かせる。

アプリ甲子園で優勝

アイデアの源泉は自分の経験だ。中学2年の時、学校のディベート大会で時間配分を管理するソフトを検索したが、数字でカウントするタイマーしか見つからなかった。「一目で見渡せるものを作ろう」と思い立つ。

角南 萌さん(15=アメリカンスクール高校1年) (撮影:山本倫子)

約4カ月で作った「見えるプレゼンタイマー」は、中高生対象のスマートフォン向けアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2012」で167作品中1位に輝いたのを機に、5万ダウンロードを突破。ヒットすれば1本数千万円の利益を生む携帯アプリ業界で、「スーパー女子中学生エンジニア」と評判になった。

2012年度就業構造基本調査(総務省統計局)によると、15~19歳の起業者数は全体で800人だが、税金対策などのため個人事業主登記のケースも含まれるので、会社社長の数は不明だ。とはいえ、アプリ甲子園2013には前年大会の約3倍となる合計533作品が応募。10代が力を試す場やサポート環境が整備されつつあるのは確かなようだ。

角南さんが生まれた1998年は、カラフルなiMacが一大ブームを巻き起こした年。彼女の家にもグリーンのiMacがやってきたが、「目に悪いし、電磁波の影響が気になって」(母の亜希さん)さわらせてもらえなかった。

次ページ小3でWEBサイトを構築
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT